小泉今日子 豊原功補とのフライデー写真にも言及!彼女なりの「正義」の表し方は本当に正しいのか。。

小泉今日子が長年所属したバーニングプロダクションからの独立を発表。それと同時に噂のあった、豊原功補とのフライデーによる報道からずっと続いている不倫交際も告白しました。あのフライデー写真を再度振り返るととともに、今回の独立発表そして不倫交際の告白が本当に正しかったのかを見ていきます。


スポンサーリンク




小泉今日子が豊原功補と撮られた写真とは

小泉今日子と豊原功補がフライデーに始めて写真を撮られたのは2015年の2月です。寒さが厳しいなか、二人は都内のあるBARにいました。

その時に撮られた写真がこれです。

小泉今日子豊原功補フライデー1 小泉今日子豊原功補フライデー2 小泉今日子豊原功補フライデー3

看板に「BAR」とは書いてあるものの、写真に写っている従業員の方は、着物姿ですね。。ちょっと謎。お店はまた別の機会にでも調べておきます。

これらの写真が撮られたのが2015年の2月なんですね。

この時に小泉今日子は、豊原功補に「ある相談」をしていたと思われます。それは「個人事務所設立」の話です。というのも、芸能人の多くは、大手芸能プロダクションに所属しながらも、そのギャラが増えてくると節税の為に個人事務所を設立します。

結局のところは事務所に所属している、契約をしているといっても、プロ野球選手などと一緒で「個人事業主」なので、こういった節税のテクニックは必要なんですね。

結果として小泉今日子は「株式会社明後日」という制作会社を立ち上げる事になります。その個人事務所の立ち上げの相談を豊原功補にしていたんですね。それは今回の小泉今日子の独立発表に際してもその点については触れていますね。

ただ、それが「相談」であれば良いのですが、最終的には「お泊り」まで発展したようですね。

小泉今日子豊原功補フライデー4 小泉今日子豊原功補フライデー5

そこから、度々この二人の姿は目撃されるようになります。

この写真とかは既に「ベテランカップル」の印象を持ってしまいますよね。この時に、豊原功補に既に奥さんとの離婚が成立しているという誤報が流れましたが、それは完全にデマでこの時も、そして現在(2018年2月2日)も豊原功補は妻子持ちの状態です。

小泉今日子豊原功補フライデー6

この騒動があった時には、「これ本当に大丈夫なのか?」とか思ってしまったんですよね。結構この不倫騒動の時にだんだんこの騒動が不自然に収束していくのが分かったんですよ。「あれ?もっと騒がないの?」みたいな感じで思っていたのを覚えています。

でもそうなったのには理由があるんです。まあ、理由というよりは「状況」なんですが、、

小泉今日子が今回発表した事務所からの独立。長年お世話になった「バーニングプロダクション」からの独立は芸能界に激震が走りました。

バーニング=芸能界のTOPと言うのにふさわしい芸能プロダクションです。もちろん、ジャニーズや吉本興業なども大きいプロダクションではありますが、でも、このバーニング傘下のプロダクションも含めれば圧倒的にこのバーニング系のプロダクションに所属するタレントが多いのです。

会長は「芸能界のドン」とも呼ばれています。

そんないくらでも情報操作ができるプロダクションですから、この騒動の時にもサラっと沈下していきました。その代わり、豊原功補には妻子がありますが、今回の不倫騒動について豊原側から何も語られることなく終わっていったんですね。

それにはやはり家族はさらに不信感が募ります。

そういったこともあって、今回の小泉今日子の独立発表の際は、ああいった豊原功補の家族を気遣うようなコメントもあったわけですね。(まあ、その前に不倫すんなや!って言いたいですが)


スポンサーリンク




小泉今日子と豊原功補の今後

おそらく今回の小泉今日子の独立発表にはいろんな意味が含まれていると思っています。

一つはバーニングプロダクションからの脱却です。はっきりいって、収入・所得だけを考えればバーニングに所属していたほうが結果的に良かったかも?というぐらいの差でしかないと思います。そもそも節税目的での個人事務所ですからね。

それでもデビュー当時から世話になったバーニングから抜け出したかった理由は、今回の不倫騒動での事務所側の対応に不信感をいだいたからなのではないでしょうか。言い方は悪いですが、情報操作はいくらでも出来る事務所です。それがもしかしたら、小泉今日子にとっては「正義」ではなかったのかもしれません。

二つ目は豊原功補の離婚が近いのでは?ということ。そうでなければ、わざわざ独立発表の時に豊原功補との不倫交際を認めたりしませんよね。既に豊原功補とその奥さんとの離婚の話が進んでおり(もしかしたらもう成立しているのかも?)、個人事務所の本格始動の前に、全てを公表したかったのではないかという見方ですね。

三つ目ははっきり言うと、「私はやりたいことを貫き通します1」という宣言のようなものではないかと思います。客観的にみて、バーニングをあっさり去っていくという感じに見えていますが、はっきり言って、バーニング本体を去る事はそう簡単なことではありません。考えてもらえばわかりますが、SMAPの解散以後、テレビで独立した三人を見たことは何回ありますか?せいぜいネットTVぐらいです。

バーニングもそうするぐらいの力は持っています。そこを去るということは、完全に一人でやっていくという意志の固さ、強さを表していますね。

ただし、「不倫」はダメでしょう。その辺はきっちりと片付けてからきれいな再出発をしていただきたいと思いますね。


スポンサーリンク





こちらも合わせて!

Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。