赤ちゃんの寝冷えによる下痢の対策方法はコレ!その期間、大丈夫?

 

子供は、大人より体温が高いので、寝る際の格好も大人より1枚薄着で良いとよく聞きますよね。

 

我が子も、よく暑がるうえに寝相が悪いので、気づけばいつも布団をかけていません・・・

 

おまけに可愛いおなかが丸出しになってることも!

 

何度も布団をかけ直しては蹴飛ばされ・・・の繰り返しです。

 

どこのお子様もこんな感じかなぁとは思いますが、寝冷えが心配ですよね。

 

うちの子供は、よく季節の変わり目など朝が冷え込むために体を冷やしてしまい、お腹をこわしてしまったことがあります。

 

下痢になると、赤ちゃんの場合脱水により命に関わることもあります!

 

寝冷えにより下痢になってしまったときの対処法やならないための対策を、私の経験も踏まえてお伝えしていきたいと思います。是非参考になさって下さい!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝冷えになって下痢になってしまったらどうすれば良い?

 

下痢になると、どんどん脱水が進んでしまうので、まずは水分補給をさせることが大切です。

 

注意してほしいのですが、水分といっても何でも良いわけではありません。

 

柑橘系のジュースや、糖分を多く含んだスポーツドリンクやイオンジュース、また乳酸菌飲料は下痢を助長してしまうことがあるので与えないようにして下さい。

 

冷たい飲み物も胃腸を刺激してしまうので、室温まで冷ました白湯などを私は子供に与えていました。

 

また、対処法としてマッサージをしてあげるのも良いですよ。

 

簡単なもので、お腹を反時計回りにマッサージをするというのは一つ覚えておくと便利です。

 

必ずあたたかい手でしてあげることと、嫌がったら無理にしないでくださいね。

 

赤ちゃんの寝冷え対策はこれが良い

 

寝冷え対策として、我が子が実際に使って良かったものと方法があるので、ご紹介します。

 

色々試してみて、特に良かったものはズバリ「スリーパー」です。

 

もう掛布団に関しては、綺麗に朝までかかっていることがほとんどないので諦めて、こちらを使用したところ欠かせなくなりました!

 

昔でいう「はんてん」のベストタイプといったところですかね。

 

肩とお腹、冷やしたくない部分をしっかり温めてくれるし、「着る毛布」という感覚で・・・布団がかかっていなくても心配することが減り、親としても安心です。

 

ベビー用品店には必ず置いてある品ですね。

 

なんと言っても、特に小さい頃は着た時の見た目がコロンとしていて可愛いのも魅力です。笑

 

それから、肌着と敷布団を変えました。

 

寝冷えさすまいと、厚着をさせることで汗をかいてしまい、結果寝冷えしてしまうということを聞いたので、必ず汗が吸収しやすいコットン素材の肌着を着させることと、同じように敷布団も汗が吸収しやすい素材のものを使うようにしてから、快眠の様子で寝冷えはもちろん、風邪をひくことも少なくなりましたよ。

スポンサーリンク

 

寝冷えによる下痢 期間が長く続いたらコレを疑え!

 

寝冷えが原因である下痢は、急性によるものなので、短期間で改善されるものがほとんどなのですが、なかなか下痢がおさまらず続く場合は「胃腸炎」を疑った方が良いかもしれません。

 

我が子も、水分補給をさせようとしたら水も受け付けずぐったりしていたことがあったので、急いで受診をしたら急性胃腸炎だったことがありました。

 

下痢の他にも、発熱や更に嘔吐まである場合は胃腸炎である可能性が高いので、すぐにかかりつけの小児科で受診することをおすすめ致します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

赤ちゃんの下痢といっても、寝冷えばかりではないので、しっかり症状を見て判断しましょう。

 

季節によって、胃腸の風邪が流行しやすいものがあるので、その辺の情報もしっかり頭に入れておくと良いですよ。

 

寝冷え対策はもちろんですが、子供にとって睡眠はとても大事なことですし、育児奮闘中のママにとっても睡眠時間は大切です。親子で少しでも快眠できるような試みは、季節関わらず一年中いろんな対策をしていきたいですね!

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。