お中元は喪中の相手に送るのはダメ?お返しの場合は?お礼状は?

 

楽しい結婚生活1年目。

 

この時期はお中元のやり方に悩まされることも多いですよね。

 

分からないことは多いけれど、一生懸命やっているのだから、新米主婦だなんて馬鹿にされたくないものです。

 

特に喪中の人へのお中元はどうしたらいいのか、悩みませんか。

 

実際私も新婚当初は色々と悩みました。

 

喪中の人にお中元は贈っていいの?贈り方にマナーはあるの?自分が喪中の時は?お礼状の書き方は?

 

実際の私の体験談をもとに、今回は喪中の方へのお中元の贈り方を中心にお伝え出来ればと思います。

 

では、どうぞ。

 

スポンサーリンク

お中元を喪中の方に贈るのはマナー違反?自分が喪中の場合は?

 

まず、どちらの場合も結論から言うとマナー違反にはなりません。

 

もうすでに出してしまって、焦ってこのサイトにたどり着いた方、安心してください。笑

 

謹賀新年のおめでとうという意味を込めて行う年始の挨拶とは違い、そもそもお中元とは、日頃の感謝の気持ちを込めて、お世話になっている方にいつものお礼として贈る物です。

 

そのため、感謝の気持ちを持って贈りたい方がいれば、喪中でも関係なく、贈った方がいいと思いますし、贈ってくれる方がいれば、ありがたくいただいても大丈夫です。

 

実際私も喪中の方にきちんと贈りましたよ!

 

ただし、気を付けなければいけないこともあります。

 

通常お中元の時ののし紙は、紅白のリボンと熨斗が印字された花結び祝いが多いですが、慶事の意味合いをもつ熨斗や紅白のリボンは、喪中の方には失礼になりますし、自分が喪中の場合もふさわしくありません。

 

そこで、熨斗やリボンの印字されていない無地のものを選びましょう

 

お中元を購入するときには、お店の方に無地のものを準備してもらうように頼めば、用意されていますので、確認してみてください。

 

また、相手のことを考えて、贈る時期をずらす配慮があるといいと思います。

 

特に、不幸からあまり時間が経っていない場合、生活も慌ただしく落ち着かないことが想像できますよね。

 

そういった場合は、少し時期をずらして、残暑見舞いなどに変更して、贈り物をすることをおススメします。

 

目安としては、忌中は避けて、忌明けを基準とすると間違いないでしょう。

 

またこちら側が喪中の場合、お中元の贈りものをされると、穢れた家からの贈り物として、嫌がられることもあります。

 

この場合も、せっかくの贈り物が嫌な気持ちにさせてしまわないように、忌中の期間をずらして贈ることをおススメします。

 

日頃の感謝が迷惑な行為にならないように、相手の立場で判断することが重要だと思います。

 

お中元をもらった相手が喪中の場合のお返しは?

 

喪中期間でもこちらのことを思って準備してくれたお中元。

 

気持ちが嬉しいですよね。

 

この場合も、問題ありません。通常通りにお返ししてください

 

でも、のし紙や時期は、同様に注意が必要です。お祝いの意味合いをもつのし紙を避けたり、忌明けに贈ったりするのは、最低限のマナーです。

 

せっかくの厚意がお互い嫌な気持ちにならないように、私もちょっとした気遣いを持って対応していきたいと思っています。

スポンサーリンク

 

お中元をもらった相手が喪中の場合のお礼状は?

 

お中元をもらった場合、相手によってはお礼状を送りますよね。

 

お中元をもらった相手が喪中の場合のお礼状の言葉は、何に気を付ければいいのでしょうか。

 

この場合も、あくまでも日頃の感謝を込めたお中元に対してのお礼なので、深く考えずに書いて問題ないと思います。

 

ただし、相手を気遣う気持ちは大切ですので、やはり少し用紙や言葉遣いに気を付けるといいと思います。

 

使用するはがきですが、あまり派手なものは避けるようにすると無難です。

 

また、益々や度々などの重ね言葉と言われるものは、言葉を繰り返すため不幸なことを繰り返す意味になってしまうので、喪中の相手には使用しないのがマナーです。

 

そして出来れば、相手を気遣う一言を添えてあげてください。

 

優しい気遣いにより気持ちが伝わり、今後のお互いの関係も良好になるはずです。

 

まとめ

 

私の体験をもとに、一般的な考え方をお伝えしてきましたが、マナーはあくまでもマナーであり、感じ方や考え方は人それぞれです。

 

実際私の周りには、喪中ではなくても、震災の年にお中元を贈り合うことを嫌がる人もいましたし、相手が喪中でも、毎年決まって送っているお中元を、喪中を理由にいつもと同じ時期に贈らないわけにはいかないと準備してる人もいました。

 

これが正しいと思い込まずに、相手の気持ちに寄り添った対応が出来るように、私自身も成長していきたいと思いますし、みなさんも気を付けていただければと思います。

 

今回の内容はあくまでも参考にしてください。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。