京都祇園祭のアクセスは?交通規制とかある?駐車場は?

 

日本三大祭の一つとして知られる京都祇園祭。

 

この時期は多くの観光客が訪れ、街全体もお祭りムードが漂い、祇園祭が行われる7月中は夏の熱気も相まってとても賑やか。

 

そんなお祭りを一度は楽しんでみたいという方も多いはず。

 

家族で車を使って行こうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ただ、この時期は山鉾巡行などの行事の影響で、京都の中心街は交通規制がかかっていることはご存知でしょうか?

 

また、それに伴い駐車場が使えない場所も出てきます。

 

それでも小さな子供がいるご家庭などでは少しでも歩く距離を減らしたいので車を利用したいですよね。

 

そんな方の為に、京都祇園祭のアクセスや駐車場に関する情報をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

京都祇園祭のアクセス 車で行ける?

 

そもそも祇園祭に車で行けるのか?と不安な方も多いと思いますが、行けなくはありません。

 

ただ、正直言ってあまり車でのアクセスはおすすめ出来ません

 

何故なら、祇園祭の開催地は京都の繁華街がある烏丸通りや四条通り周辺で行われ、閑散期でさえも混雑しており、観光シーズンでは大渋滞は避けられないからです。

 

更に、祇園祭では広範囲での交通規制も行われる為、そもそも開催地まで車で行くことが出来ない場合がほとんどです。

 

そこでおすすめなのが、中心街から少し離れた場所まで車で行き、祇園祭の開催地までは電車や地下鉄を利用していく方法です。

 

祇園祭の開催地である繁華街は京阪線や阪急線といった電車や京都市営地下鉄で行くことが可能で、京都駅からの場合は京都市営地下鉄を使用して約10分弱と非常にアクセスが良いので、多少車内が混雑することはあっても、車で大渋滞に嵌まったり交通規制にあったりするよりは、ストレスを感じることなく目的地へ向かうことが出来ます。

 

注意点としては、間違ってもバスは使用しないことです。1日500円で京都市内を巡る市バスに乗り放題になるフリーパスがあるので使いたくなってしまいますが、祇園祭に限っては先にもお話したとおり、大渋滞な上に乗車する人も多いので、遅延は勿論のこと、場合によっては乗車すらできない場合があります。

 

京都祇園祭の時の交通規制の時間は?場所は?

 

先ほどお話しした通り、祇園祭では交通規制が行われます。

 

それも残念なことに1日や2日ではなく、毎年7月10日~7月28日にかけて一方通行や車両通行止めなどの交通規制が終日かかります。

 

祇園祭は7月1日~7月31日まで行われる為、ほぼ祇園祭期間中は交通規制がかかるといっても過言ではありませんね。

 

ただし、この交通規制に関しては祇園祭の開催地である繁華街近辺のみですので、四条烏丸~烏丸御池~河原町御池~四条河原町の区間に近づかなければ、交通規制に当たることなく移動は可能です。

 


スポンサーリンク

京都祇園祭の周辺に駐車場はちゃんとある?

 

祇園祭の開催地である繁華街は車で近づくと非常に厄介なので、その周辺の駐車場を利用することをおすすめします。

 

ただし、京都駅周辺は駐車場も高く、また埋まることも早いので避けたほうが無難です。

 

おすすめは五条駅周辺、開催地がある四条駅から一本手前の駅近辺の駐車場です。

 

少し離れているため駐車場は確保しやすいです。

 

もっと確実に駐車場を確保したいのなら、京都駅からJRで一本滋賀県寄りに行った山科駅がおすすめです。

 

こちらは駐車場の数も多く空いている可能性が高く、京都市営地下鉄も繋がっているので開催地がある四条駅方面に簡単に向かうことが出来ます。

 

まとめ

 

車だけで向かうことは難しいですが、少しの工夫をしていただければ、祇園祭を十分楽しむことが出来ます。

 

祇園祭の期間中は人が非常に多い為、小さな子供を連れて行かれるご家族は、お子さんが迷子にならないようご注意くださいね。

 

家族みんなでたっぷり祇園祭を満喫して、素敵な夏の思い出を作ってください。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。