夏バテをこの食事で対策!子供も喜んで食べるメニューはコレ!

 

夏が近づき暑さが増すと、夏バテで本調子がでなくなることってありますよね。

 

でも夏バテするのは大人だけではなく、実は子供も同じなんです。

 

夏バテのせいで、お子さんがなんだかすっきりしないようす・・

 

成長期に必要な栄養をしっかり摂ってほしいのに、食欲も落ちると心配です。

 

今回はそんなママのお悩みにお答えしていきたいと思います。

 

夏バテ対策の食事について、また子供が喜ぶメニューなど取り上げていきます。

 

暑さに負けず元気に夏を乗り切れるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

 

それでは、どうぞ。

 

スポンサーリンク

夏バテは食事で十分対策出来る!

 

そもそも夏バテはどうして起こるのでしょう?

 

暑い日が続くと、どうしても体に疲れがたまってしまいます。

 

胃の働きも弱まりますので、食欲も落ちてしまいますよね。

 

食欲が落ちると、健康に過ごすための栄養素が不足しがちに。

 

すると疲れから回復しにくくなり、夏バテを招いてしまいます。

 

また暑い日には冷たいものを食べる機会が多くなります。

 

胃を冷やすことは消化を悪くする原因です、気を付けてください。

 

夏バテ対策の基本は、1日3回の食事を規則正しく摂ること。

 

このことで基礎代謝を上げ、胃の働きを正常な状態にします。

 

また栄養バランスの摂れた食事で免疫力を上げましょう。

 

疲れにくい体を作るには、免疫力はとても重要です。

 

食事が夏バテに負けない体づくりにとても大切なことは、お分かりいただけたと思います。

 

しかし、ここで合わせて注意していただきたいことがあります。

 

子供の場合、汗をかいて体温調節する汗腺の機能が大人に比べて未熟です。

 

本来、子供は外で元気にあそぶものですが、夏の日中は熱中症を警戒します。

 

この時期、クーラーの効いた室内遊びが中心になる家庭も多いのではないでしょうか?

 

汗腺が未発達の段階でクーラーの効いた部屋に長くいると、汗腺は衰えてしまいます

 

本来汗を出す機能がうまく働かず、体内に熱 を蓄積している状態になります。

 

このことが体に負担をかけてしまい、自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経が乱れると胃の働きが弱まり、消化吸収がうまく行えません。

 

これも食欲不振につながり、夏バテを招いてしまう原因の一つです。

 

日常的にクーラーで室内を冷やしすぎるのはよくありません。

 

室内と室外の温度差は10℃くらいが限度ですので、気を付けてあげてください。

 

では次に、夏バテ防止に効果的な食事内容を見ていきましょう。

 

夏バテを防ぐ食事で子供も喜ぶ!?

 

夏バテはおいしく、楽しく、無理なく摂れる栄養素がカギです。

 

そんな夏バテに効果的とされている栄養素は、以下のものが挙げられます。

 

 

【ビタミンB1】

豚肉、ハム、玄米、うなぎ、胚芽米

 

【ビタミンB2】

のり、鶏卵、アーモンド、チーズ

 

【クエン酸】

レモン、グレープフルーツ、パイナップル、キウイ、梅干し、いちご

 

 

特にビタミンB1、B2は老廃物の排出を促し、疲労回復を助けてくれます。

 

炭水化物の糖質をエネルギーに変えてくれますので、食欲増進にもつながります

 

これらを含む食材は、比較的子供たちが好んで食べてくれるものが多いですね。

 

例えば、豚肉はいろんな献立に応用できますので、献立のバリエーションが広がります。

 

味付けを変えるだけで、毎日の食事に取り入れられますよね。

 

また先に書いたフルーツも夏バテ防止にいいので、おやつ代わりに食べることもできます。

 

ミキサーにかければフルーツジュースに、凍らせればフローズンデザートに変身。

 

子供が無理せずおいしく食べることが大切です。

 

ママの工夫一つで、お子さんの夏バテ防止ができますね。


スポンサーリンク

夏バ テを防ぐ食事はこのメニューで決まり!

 

では最後に、私がおすすめできる夏バテ防止メニューをご紹介します。

 

 

【たっぷり夏野菜カレー】

滋養強壮にいい、ニンニクを使います。

 

玉ねぎ、にんじん、枝豆、おくら、なす、豚ひき肉を加え、カレールーと混ぜます。

 

ちょっぴり辛い香辛料は、子供の食欲をそそるだけでなく、消化も促進する効果もあります。

 

普段あまり食べない野菜でも、カレーになればペロッと完食してしまいます。

 

 

【豚肉と野菜のみそ炒め】

スタミナ野菜のニラ、ニンニクを豚肉と炒め、みそで味付けします。

 

味噌に含まれるたんぱく質はエネルギ ーになります。

 

お砂糖で甘みそ仕立てにすれば、小さなお子さんも喜んで食べてくれますよ。

 

 

【ねばねば丼】

おくらや納豆をご飯にのせ、温泉卵をトッピングします。

 

納豆のタンパク質と、卵のビタミンBがいい組み合わせです。

 

さらさらと食べやすく、なにより作る手間がかかりません。

 

暑いお昼のメニューにもってこいですね。

 

 

【豚肉のつつみ揚げ】

豚肉のスライスで、チーズと大葉と塩昆布を包んで丸めます。

 

パン粉を付けてきつね色になるまで揚げれば完成、とんかつのように食べれます。

 

チーズもいい具合に溶け、子供うけすること間違いなしです。

 

 

【フルーツヨーグルト】

ヨーグルトにバナナやリンゴ、好きなフルーツを入れてください。

 

朝食にも取り入れられま すし、おいしく栄養補給ができます。

 

フローズンフルーツを入れれば、ちょっとしたおやつにもなります。

 

クエン酸を多く含んだ果物で、夏バテ防止になりますね。

 

 

 

私も暑い夏は、こんなメニューで子供たちと乗り切りました。

 

ほんの一例ですが、ぜひ参考にしてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は夏バテ対策に効果的な食事についてのお話でした。

 

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

 

夏バテは体に負担をかけてしまうので、子供も大人も疲れやすくなります。

 

自分で 健康管理することが難しい子供です。

 

大人が夏の生活習慣を気を付けてあげることが大切ですね。

 

その中でも食事がとても重要になってきますので、バランスの摂れた食事を心がけてください。

 

特に夏バテ対策になる食品をいつもより多く取り入れてあげましょう。

 

夏は子供にとって楽しい季節です。

 

夏バテ対策で、元気に暑い夏を乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。