レコード大賞 買収疑惑の裏側を実名告発!!周防郁雄氏が賞レースに関わった事実がやっと明らかに!

文春砲が炸裂しましたね!三代目j soul brothersが2015年にレコード大賞を受賞したわけですが、そのときに超問題になったレコード大賞買収疑惑。1億円の領収書も問題になりました。その裏側を日本レコード大賞の最高責任者を務めていた叶弦大氏が実名告白したようですね。実はAAAや西野カナにもその疑惑があったわけで、バーニングプロダクション社長の周防郁雄氏の「レコード大賞買収疑惑」は、また今年もこの時期に再燃することになりました。


スポンサーリンク




レコード大賞 買収劇の裏側には何が起きていたのか?

今回の文春砲は、昨年11月に疑惑が報じられた、レコード大賞買収疑惑についてのネタでした。レコード大賞の最高責任者を務めた音楽界の重鎮・叶弦大氏が、バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏のレコード大賞を私物化していることを告白したんですね。

周防郁雄氏は叶氏にこういったそうです。『叶さん、この業界はちょっと悪いくらいじゃないといけない』と。おいおいマジか。。。

さすがにこの告白はインパクトがありますね。レコード大賞の買収疑惑が浮上した三代目j soul brothersをはじめとする、LDHのアーティストがこの疑惑が持ち上がった2016年にレコード大賞を受賞することはありませんでした。


スポンサーリンク




HIGH&LOWに沸く世間の熱気のウラで何が?

三代目j soul brothersが所属する芸能事務所・LDHは元EXILEのリーダーであるHIROが社長を務める会社です。avexの松浦社長の手助けもあり、HIROがイチから立ち上げた会社です。

それこそj soul brothersからEXILEに改名し、世間にその名を轟かせて一躍芸能界の一角を担う芸能プロダクションに成長しました。THE・男の道を行くEXILEに続き、女性パフォーマンスグループのE-girlsの輩出にも成功して、かなりの利益を上げている会社です。

ただ、2015年末にはあの有名なレコード大賞の受賞に際して、同じく関係のある芸能事務所「バーニングプロダクション」へプロモーション費用として1億円を支払い、「レコード大賞買収」を図った疑惑を持たれたのも、記憶に新しいと思います。

そのときにレコード大賞買収疑惑の対象になったアーティストが 三代目j soul brothers です。バーニングプロダクションの傘下には大小さまざまな芸能プロダクションが存在していて、その分抱えているアーティストの数も桁違い。その分、マスコミに提供するネタも多く、レコード大賞の審査員を務める新聞記者らをねじ伏せれば、レコード大賞の投票をあやつることなどたやすかったのでしょう。

記者たちからすれば、いつもネタを提供してくれている人を無下に扱うわけにはいきませんからね。そんな闇の部分が存在すると言われても、不思議な感じではないでしょう。しかしまあ、この賞レースのために1億円とかありえないです。

いまさらレコード大賞をステータスと感じている人はどれくらいいるんでしょう 笑 それははっきりとは分かりませんが、少なくtも私は誰が選ばれようと、自分の好きな音楽を自由に聴ければそれでいいです。


スポンサーリンク





Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。