お中元はいつ送るのが正解 関東と関西で違う?いつまで送るとOK?

 

夏が近づくとご近所のスーパーマーケットやコンビニ・百貨店などで大々的に宣伝が始まってくるお中元。

 

昔ほど機会は少なくなってきたものの、特別に関わりのある企業や日頃お世話になっている親族などには贈っておきたいもの。

 

でも、普段やらないことなので贈るタイミングが分からない…という方も多いと思います。

 

こういったものは早すぎても遅すぎてもマナー違反になってしまうので、より神経質になりますよね。

 

そんな方の為に、今回は中元の時期についてまとめてみました!是非ご一読ください♪

 

スポンサーリンク

お中元はいつ贈るのが正解なの?

 

スーパーマーケットなどで宣伝が始まるのは早いところでは5月だったり、遅いと8月までやっていたりと統一感がなくて、実際いつ贈るのが正しいのか分からなくなって混乱してしまいますよね。

 

実は5月頃から宣伝が始まるのは、基本的にお中元の予約の為だけで、実際に贈る時期はまだ先なんです。

 

間違っても5月や6月には贈らないようにご注意ください!

 

そもそもお中元はお盆に訪問して来た方へお礼として贈られたのが始まり。

 

日頃お世話になっている方への感謝を込めて贈り物をする、その習慣は現在も変わりません。

 

だから、お盆の行事に合わせてお中元を贈るのがベストなんです。

 

その為、お中元は7月1日~7月15日頃に贈るようにしましょう。

 

思ったよりもお中元を贈る期間が短い!と思われた方、もしかしたら贈る方の住まれている地域によっては、もう少し猶予ができるかもしれませんよ。

 

実は、お盆の行事は地域によって違うので、贈る期間には少し差があるんです。

 

お中元を贈る時期は関東と関西で違うって本当?

 

先にもお話した通り、お盆の行事は地域によって違います。

 

それは新暦と旧暦の違いからくるものです。

 

関東や東北などの東日本側では新暦で行うので7月13日~15日で、関西や九州など西日本側では旧暦で行うので8月13日~15日にお盆の行事を行うことが多いんです。

 

その為、関東など東日本側では7月1日~15日まで、関西など西日本側では7月上旬~8月15日までにお中元を贈るのが一般的です。

 

ただし、地域の風習によって多少異なることがある為、もしも不安な場合はやはり無難に7月1日~15日に贈るのが安全かもしれませんね。

スポンサーリンク

 

お中元は遅くともいつまでに贈るとセーフ?

お中元を贈る時期については、先にお話した通りでお分かりいただけたかと思いますが、やろうと思いつつ、日々の忙しさでついお中元の時期を逃してしまった!という事はありますよね。

 

でもご安心ください。そんな方のために奥の手をお伝えします。

 

それは表書きの熨斗を変えて贈るという方法です。

 

この場合はお中元というよりは夏の贈り物という意味合いになってしまうのですが、贈らないよりは良し!ですよね。

 

お中元の時期は表書きの熨斗は「お中元」となりますが、それ以外の時期の場合は「暑中お伺い」又は「残暑御見舞」となります。

 

具体的には、関東などの東日本側では7月15日のお中元以降から立秋までの7月16日~8月7日頃までは「暑中お伺い」、立秋から処暑までの8月7日頃~8月23日頃までは「残暑御見舞」と熨斗を変えて贈ります。

 

関西などの西日本側の場合はお中元期間が長い為、8月15日までが「お中元」となり、処暑までの8月16日~8月23日頃までが「残暑御見舞」と熨斗を変えて贈ります。

 

まとめ

 

お中元の時期について、お分かりいただけたでしょうか?

 

ただ、これで一安心している場合ではありません。

 

何故なら、一番の悩みの種はいつだって贈り物の品物を何にするか!なんですよね。

 

相手の事を考えながら選ぶわけですが、こればかりは趣味趣向がありますので、なかなか難しいものです。

 

いつもお世話になっている方に喜んでもらえるように、最低限のマナーを守りつつ気持ちよくお中元を贈りましょう!

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。