日焼け後のケアはとにかく冷やす!効果ありだが時間との勝負!?

 

夏はアウトドアやレジャーで外で活動することが増えますよね。

 

日光を浴びる時間も多くなり、紫外線も気になる季節です。

 

楽しさにに夢中で、うっかり日焼けしてしまったことはありませんか?

 

日焼け止めも塗り忘れ、後から後悔してしまうことも・・・

 

とくにつらいのが、日焼けに伴う痛みです。

 

ひどい場合は真っ赤には れ、数日はお風呂もまともに入れなくなります。

 

水ぶくれになったり、そこから皮膚が破れてしまうこともあります。

 

今回は、そんな日焼けしてしまった後にできる効果的な対策をご紹介したいと思います。

 

よろしければ参考にしてくださいね。

 

それでは、どうぞ!

 

スポンサーリンク

日焼け後のアフターケアはとにかく冷やす!

 

日焼けしてしまった後は、まずは冷やすことが大事です。

 

日焼けは皮膚が熱で炎症を起こしている状態です。

 

火傷をそのまま放置する人はいませんよね?

 

日焼けも火傷と同じです、軽度の火傷として正しく対処しましょう。

 

紫外線に含まれるUBVは、肌の表面でサンバーンという現象を起こします。

 

つまり日焼け後に熱をもち、肌表面がひりひりと痛む原因になるものです。

 

このUBVは火傷状態を起こすだけでなく、大量に浴びると皮膚がんになる恐れもあります。

 

このことからも、日焼け対策がどれだけ重要なのか分かりますよね。

 

しかしうっかり日焼けしてしまうこともあります。

 

そんな時は慌てず、とにかく冷やすというケアを心がけてください。

 

日焼け後に肌を冷やすとこんな効果が!

 

肌を冷やす効果以下のことに効果的です。

 

熱を持った皮膚を落ち着かせる

ひりひりした痛みを取り除く

肌が受けたダメージから回復させる

 

まず肌の火照りをやわらげてあげるために、しっかり患部を冷やしてあげてください。

 

以下のような冷やし方が効果的です。

 

氷水、保冷剤などで冷やす

冷蔵庫で冷やしたタオルを患部に当てる

水風呂につかる

 

これらが基本になってきますが、合わせて水分補給も忘れないようにしましょう。

 

日焼けをすると、肌に熱がこもったままの状態 になります。

スポンサーリンク

 

この状態だと皮膚の水分が蒸発し、乾燥しやすくなります。

 

乾燥は肌へのダメージを大きくしてしまうので、こまめな水分補給で蒸発した分を補いましょう。

 

日焼けあとのローションや保湿クリームは、十分に肌を冷やしてからで大丈夫です。

 

炎症を鎮めることを一番に優先してくださいね。

 

赤くなった皮膚の炎症は、湿疹や水ぶれを招きます。

 

またただれる場合もありますので、軽く見ていると大変なことになります。

 

このような状態になれば、皮膚科などの医療機関の受診が必要になります。

 

たかが日焼けと言っても、あなどれませんよね。

 

日焼け後に肌を冷やす時は時間との勝負!

 

日焼けしてから72時間が勝負です。

 

実は紫外線を浴びてからメラニン色素が作られるまで72時間かかります。

 

この間にどれだけあなたがケアできるかで、今後の肌の状態が変わってきます。

 

軽度ではありますが、肌は火傷の状態になっています。

 

炎症を起こしているまま放置すると、どんどん皮膚から水分が奪われます。

 

すると肌はとても乾燥した状態になり、回復が遅れてしまいます。

 

回復が遅れた肌は、日焼けによって作られたメラニン色素が排出されにくくなります。

 

これが色素沈着を招き、元の肌に戻らなくなります

 

つまりシミができてしまい、乾燥もしわの原因になります。

 

このことを避けるためにも、日焼けした日はとにかく冷やします。

 

肌をこすったり、無理に刺激することはやめてください。

 

その日はいつもより水分も多めに摂り、十分な睡眠で疲れをとってあげましょう。

 

ほてりが治まれば、そのあとは保湿剤でたっぷり水分を与えます。

 

いつも以上に念入りにケアすることで、日焼けで受けたダメージを軽減できます。

 

冷やすことから保湿まで、できるだけ72時間以内に行ってください。

 

より健康的に肌を保つことができます。

 

まとめ

 

今回は日焼け後のケアについてのお話でしたが、いかがでしたか?

 

参考になれば幸いです。

 

夏は紫外線が強く、外で楽しむレジャーが盛んな時期です。

 

日焼け対策が一番の対策ですので、できるだけ日焼けする前に予防しましょう。

 

日焼け止め、帽子など活用してください。

 

私も以前はうっかり海で日焼けをし、肌が真っ赤になったことがあります。

 

その時もとにかく保冷剤などで対処し、ほてりや痛みをやわらげました。

 

なるべく早い対処で、しみやしわの予防にもなります。

 

もし日焼けをしてしまったら、今回お話したことをぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。