博多祇園山笠へのアクセスは?交通規制とかある?駐車場は?

 

毎年、7月1日から15日、福岡県福岡市博多区で開催される博多祇園山笠。

 

750年以上もの伝統あるお祭りで、この時期は博多区一帯がお祭りモードで盛り上がります。

 

あまりにも盛り上がるため、福岡市で開催していると勘違いされる方もいるみたいですが、櫛田神社が開催する、櫛田神社祇園例大祭なんです。

 

 

今年は最終日の15日が日曜日にあたるため、ご家族で参加してみようと思う方も多いと思いますが、大きなお祭りのため、かなりの混雑が予想されます。

 

 

車で行って大丈夫?交通規制はどの辺がされるの?駐車場はあるの?

 

 

そんな方のために、せっかくの旅行が台無しにならないための情報をお伝えします。

 

 

それでは、どうぞ。

 

 

スポンサーリンク

博多祇園山笠のアクセス車で行っても大丈夫?

 

 

基本的に車での移動は、かなりの混雑が予想されるため、避けられた方が無難です。

 

 

地下鉄を利用される場合は、地下鉄「祇園駅」から徒歩5分

 

 

JR博多駅からは徒歩15分

 

 

福岡空港からタクシーに乗っても、4キロ弱なので、1500円かからないくらいで、着くことができます。

 

 

また、最終日15日の追い山笠では、臨時バスや臨時電車が運行するので、利用するのもいいと思います。

 

 

臨時バスは、福岡市内27路線を30便、臨時電車は、天神大牟田線と貝塚線が1本ずつ運行します。

 

 

臨時バスや電車を利用することを念頭に、付近のホテルに宿泊するのも、あまり混雑に巻きこれないようにする手段になるのではないでしょうか。

 

 

どうしても車で行きたい場合は、少し離れた場所に駐車して、そこからは公共機関を利用して移動した方がいいと思います。

 

 

博多祇園山笠の時の交通規制の場所はどの辺?

 

小さなお子様がいるご家庭などは、やはり車で行きたいと考えている方も多いと思いますが、12日から15日は山笠が走る博多区?中央区の広い範囲で車両通行止めになるため、かえって行動が制限されるので、注意が必要です。

 

 

7月12日の追い山ならしでは、15時半~18時の間、櫛田神社から、国道202号線を祇園町方面へ、東長密寺まで、またそこから大博通り、昭和通りとその周辺道路が規制されます。

 

 

7月13日の集団山見せでは、15時15分~18時の間、呉服町付近の大博通りから、明治通りと福岡市役所、そしてその周辺道路が規制されます。

 

 

最終日の7月15日の追い山笠では、早朝4時半~7時までの間、12日と同じ区間が道路規制されます。

 

 

言葉では分かりづらいと思いますので、公式サイトに地図が記載されていますので、是非チェックしてみてくださいね。

 

 

また、山笠を飾るための高さ10?15メートルにもなる飾り山笠。

 

 

実際に博多の街を駆け抜ける舁き山とは別に、福岡市内に飾られる飾り山笠は、小さなお子様にも是非オススメしたいポイントがあります。

 

 

飾り山笠には、前の「表」と、後ろの「見送り」があります。

 

 

表は、よく目にする想像通りの合戦や武者ものの飾りで、もちろん見応えがありますが、小さなお子様と一緒の参加では、お子様はやはり飽きてしまうもの。

 

 

そこでオススメなのが、飾り山笠の見送り

 

 

童話やテレビアニメが題材に作られることが多く、見ているお子様をとても楽しませてくれます。

 

 

ちなみに、2016年度は、桃太郎やサザエさん、アンパンマンやドラえもんなど、お子様に人気な有名なキャラクターが題材に選ばれました。

 

 

大迫力なアニメキャラクターがよりテンションを上げてくれるはずです。

 

 

7月1日早朝から14日の深夜まで、福岡市内に14基飾られる飾り山笠の題材は、ひと月前ごろに発表されるので、合わせて場所のチェックをしておくと、行くポイントの参考になりますよ。

 

スポンサーリンク

博多祇園山笠の周辺に駐車場は整備されてる?

 

もし車で行った場合は、事前に停める駐車場を、検討しておくのがいいと思います。

 

 

私のオススメは、博多駅付近の駐車場です。

 

 

比較的、駐車場はたくさん整備されているので、見つけるのは簡単だと思います。

 

 

早めに行って、規制されない道路の中で、できるだけ近い駐車場を探して駐車出来るように、時間に余裕を持って行動されることをオススメします。

 

 

ちなみに、私は混雑時は平面駐車場を探すようにしています。

 

 

博多駅周辺には、平面駐車場も機械式立体駐車場、立体駐車場、また地下駐車場等ありますが、混雑時は機械式立体駐車場だとなかなか車が出てこなくて、車に乗るまでに何時間も待ったり、立体駐車場も最後の出口で、渋滞になったりします。

 

 

地下駐車場も同じように出るのにやはり時間がかかりますので、出来れば少し高くても平面駐車場を選ぶことをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

たかが駐車場、されど駐車場です。

 

初めての博多祇園山笠、楽しめる情報をしっかり集めて、大人だけではなく、お子様も含めて、ご家族みんなのいい思い出になるといいですね。

 

ご参考にしてください。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。