白石隆浩 ツイッターのアカウントを複数使用!巧みに心理操作して女性を誘き寄せるその手口は心理学的にどうなのよ?

白石隆浩容疑者が犯したあの事件。ツイッターのアカウントを複数使用して、巧みな心理操作でこの事件の惨状を招いたのですが、これは心理学的にはどうなんでしょうか?やはりあの宮崎勤の事件に少し似ている気がしますが。


スポンサーリンク




白石隆浩はツイッターのアカウントを複数使用して誘き寄せていた

新たな報道で明らかになったのは、座間市の今回の事件に関しては、おそらく巧みな心理操作が行われていたという事です。白石隆浩が使用していたツイッターのアカウントは合計で3つと報道されています。

コレに関しては、白石隆浩容疑者の供述によって分かったものと見られますが、「こういった供述をしている」というだけであり、もっと多くのツイッターアカウントを使用していた可能性もあります。

メインで使用していたツイッターアカウントはこちら↓
(現在は非公開アカウントになっています)

いやいや。このアカウントの名前はヤバ系のアカウントでしょ。画像から判別する限り、この時点ではまだ事件が発覚していない状況なのはもちろん分かります。注目すべきはフォロワー数。228フォロワー。この数が多いか少ないか?

多いっしょ!!笑

だってこの画像から分かるツイートの内容だけでも、完全にダーク系の話題のツイートが多かったはず。それだで、いじめやその他の職場の問題に悩まされて、ネットの世界に癒しやはけ口を求める人が多いという事ですね。

このメインアカウント以外にも「パチプロ~」というアカウントと、「死にたい」というアカウントを使用して、9人の人間をこんな結末にさせてしまったという事になります。

実際の所はどんな誘導がされていたのか?基本的には導線はこうでしょう。

そういった願望のある方に刺さりそうなツイートをする

DM(ダイレクトメッセージ)に誘導する

DMのやりとりで自宅に誘い込む

基本的にはこれです。ただ、あまりにもDMのやりとりが巧妙でないと、見知らぬ人の自宅にまでは行かないでしょう。

それを11月3日放送の「とくダネ」ではその巧妙な手口を報じています。これは白石隆浩とのDMのやりとりを直接行った女性からの取材協力によって浮かび上がったやりとりです。実際の被害者と白石隆浩とのやり取りではありません。

このやりとりをツイッター上で行った女性は、元々興味本位でDMを送ったのだと言います。本気では無かったと。なので、今回の事件の被害に遭う事はありませんでしたが、かなり危なかったようです。

この女性が送っている「あのー、本気で考えてますか?」というメッセージから分かる事は、とにかく引き込まれそうになっているという事です。この女性は踏みとどまりましたが、本気ではない人がこうやって聞いてしまうぐらい、自然なノリでこの内容のDMを複数のネット上の人間と交わしていたことが分かります。

それにしてもエグい。


スポンサーリンク




白石隆浩が宮崎勤と酷似している

宮崎勤事件は世間にとてつもなく大きな衝撃を与えましたよね。私としては今回の事件もそれぐらい大きな事件であると捉えています。

宮崎勤事件が起きた当初は、ここまでネットやSNSが普及しておらず、ネットが犯罪の中心になる事は少なかったように思います。しかし今回は、完全に入口がネットのSNSというツールになってしまっていますね。

もし違いがあるとすれば、この時代性の違いだけではないでしょうか。今後の精神鑑定でどのような結果になるかどうか分かりませんし、今のところ、スラスラと供述をしているようですので精神鑑定すら行われない可能性もあります。つまり、「通常の状態で」こういった事をしてしまう人間であった可能性もあるという事ですね。

(まあ、何が正常で何がそうでないかは、もはやごちゃごちゃしてますが、今回のような事件が起きている事自体がおかしいのは確かです)

白石隆浩容疑者は高校を卒業した後に地元のスーパーに就職したようですが、2年程で退職。その後も職を転々としていて、定職についていない状態が続いていたという事が分かっています。これに関しては、犯罪を犯してしまう人が歩んでしまいそうな道ですね。

そこからどんどん宮崎勤事件に酷似していくのですが、白石隆浩容疑者は歌舞伎町風のお店のスカウトマンという職についたようです。これが「職業」と言えるかどうかは別として、それで生計を立てていたようです。

スカウトマンといえば、女性を夜の世界に引き込み、仲介手数料を受け取る仕事。

うん。今回のツイッターのDMでの誘き寄せるスキルも高くなりそうです。そして、もっと言えば、世間の闇の部分も見えてしまう業界、世界ですね。そこできっと、自分自身が闇に入っていってしまったのでしょう。

これは宮崎勤や白石隆浩に限った事ではないですが、この二人はこの要素が強いという印象があります。

いずれにしても家族環境や職場、はたまた昔の学校生活にそういった闇の部分に引き込まれてしまいそうな出来事があったのかもしれませんね。

今回の事件は、白石隆浩という容疑者が既に逮捕されており、犯行を認める供述もしていますので、これで裁判に突入していけば「事件」としては解決されます。

しかし事実として、まだ被害者の身元が分からなかったり、この犯罪を生み出してしまった根本的な理由が分からない限りはまた同じような事件が行ってしまうでしょうね。現時点での供述では犯行の理由は「お金が目的だった」というような供述がありますが、真実はまだ見えてきません。

また新しい情報があれば記事を更新させていただきます。


スポンサーリンク




Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。