宮根誠司がミヤネ屋を降板 理由は保身以外のなにものでもない!関係者の驚くべき発言とは!?

人気キャスターの宮根誠司がミヤネ屋を降板するみたいですね。理由はなんなのか?誰もが気になるところではありますが、習慣文春が報じているのは、もっと奥深い部分のようです。その辺を色々とまとめてみました。



スポンサーリンク




宮根誠司がミヤネ屋を降板 理由は「保身」か?

おそらくこのページに辿りついたほとんどの方が見たことがあるであろう情報番組「ミヤネ屋」。キャスターの名前がそのまま番組になっている数少ない番組です。その人気番組を支える名司会者「宮根誠司」が来年の3月末でミヤネ屋を降板することが明らかになりました。

どうやら、フジテレビの別番組の司会者へと移籍するようです。どんな番組にとっても司会者交代は、かなりインパクトのある話題です。フジテレビでは朝の情報番組とくダネ!のキャスターを小倉さんと共に務めた菊川玲が降板することだけで話題になったぐらいです。そのときもヤフーニュースにトピックとして載ったぐらいです。

今回の宮根誠司のミヤネ屋降板は菊川のそれとは比べものにならないほどのインパクトがあります。なんせ、メイン司会者、それも番組名をになっているキャスター自体が降板するのですから。。。

今回の宮根誠司のミヤネ屋の降板理由は、現時点での記事を読んだ限りでは「保身」だと私は受け取っています。

そもそもミヤネ屋自体、今年の春頃から視聴率が落ちてきていたんですね。これはネット上でも騒がれていて、いつ打ち切りになるのか?司会者の交代はいつなのか?と、この状況を知る人たちの間ではずっとささやかれていたんです。今回はそれが現実のものとなりました。

宮根誠司は降板後、フジテレビの夕方のニュース番組に移籍すると報じられており、その司会者としてまた腕をふるう形になります。このいきさつには、先ほど上げた「ミヤネ屋」の視聴率低迷が発端となっていて、視聴率が下がると、宮根誠司自身の認知度、人気度が下がったように思われる状態になること、そして、宮根誠司自身もすでにミヤネ屋に対してのモチベーションが続いていないなどの理由が挙げられます。

つまりは、宮根誠司が自分のキャスターとしての価値を維持するためにこうした動きをとっていることがあからさまに世の中に出てしまったのです。さすが文春。メガトン級のネタをこの選挙戦の間に仕込んでいたわけですね。


スポンサーリンク




宮根誠司 降板後はフジテレビの夕方新番組に移籍

宮根誠司のミヤネ屋は来年2018年3月末までと報じられていて、4月からはフジテレビの新番組のキャスターとして画面上に姿を見せるようです。こういった業界は節操が無いと言われますが、一人が節操の無いことをすると、他の人間もつられてそういった行動に出てしまいます。今後のほかの番組のキャスター移籍についても要注目ですね。

今回、文春の取材によってフジテレビのある関係者の話が出ていますが、フジテレビでの新番組は「夕方」の時間帯での司会者の役割を果たすようです。こういった一週間続く、いわゆる「帯」の番組の司会者交代はダイレクトに視聴率に結びつきます。局として死活問題になっている「視聴率低迷」に悩まされているフジテレビにとっては、特に夕方帯での視聴率回復を狙っていきたいところ。

ミヤネ屋という午後帯の他局の看板司会者をぶっこ抜き、そこからさらに自局の夕方帯の番組にアサインする。はっきり言って、やることがエゲつないです。

宮根誠司がミヤネ屋を降板する、もしくは降板したいと嘆いていたとするならば、その情報をフジテレビ側がキャッチしないわけありません。なぜなら、フジは情報番組は弱いから。「バラエティのフジ」と呼ばれた黄金期からはほど遠く、もはやバラエティも軒並み他局に抜かれている状況の中で、「司会者交代」という特効薬を用いて、即効性のある対応を行わなければいけなかったのでしょう。

そういった部分を考えれば、今回の宮根誠司のミヤネ屋降板→フジ新番組移籍はなにかと納得がいく騒動です。

現時点での情報まとめ

今回の文春の報道はかなり信憑性が高いのではないかと思います。なぜなら、現在世の中は衆議院選挙一色だから。議員ネタを持ってくれば間違いないわけです。

そこをあえて、宮根誠司で推してきたということは相当の自信があるのでしょう。文春が得意な、「続報攻め」に期待したいと思います。

今後情報が更新され次第、記事の方も随時更新を掛けていきます。ぜひお楽しみお待ちいただければと思います。


スポンサーリンク




Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。