浴衣に出来た汗染みの黄ばみはどうする?クリーニングで取れる?対策は?

 

もうすぐ夏ですね!夏と言ったら、花火大会に夏祭りなど夏ならではのイベントが盛りだくさん!!

花火大会、夏祭りといったら??

そう、浴衣ですよね!

でも、いざ浴衣を着ようと出してみたら、染みや黄ばみができていたことありませんか?

ただでさえ暑い夏。浴衣を着れば、蒸れるし暑いのは当たり前。

それでも夏の大イベントには浴衣を着たい!!

 

ということで、浴衣にできてしまった汗染みによる黄ばみの取り方&そもそも汗染み、黄ばみができないようにする対策を紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

浴衣に出来た汗染みによる黄ばみをとりたい!

 

まず、なぜ汗染み、黄ばみができてしまうのか。

 

それは、汗をかきやすい体質であることや浴衣を脱いでそのまま干さずにしまってしまった、定期的に洗濯、クリーニングしていないなどが原因です。

 

汗染みは浴衣の生地に汗の塩分などが溶け出してしまうのが原因です。

 

しかし、汗が付着しても、すぐにクリーニングに出したり洗濯をすれば、汗染みを防げる可能性が高くなります!

 

逆に、そのまま放置するとどんどん汗の塩分が広がって汗染み、黄ばみへと繋がりますので、とにかく早い対応を!!

 

浴衣の汗染みはクリーニングに出した方が良い?

 

もちろん自宅でも染み抜きは可能です!

 

ですが、自宅でやる際は、浴衣の生地が木綿である場合のみ。

 

麻や絹でしたら迷わずクリーニングに出すのが良いでしょう。

自宅で染み抜きする場合は、まず洗濯用の固形石鹸を人肌程度のぬるま湯に溶かし、汗染み部分を押し洗いします。

そして、一水を捨て、軽く手で絞って脱水をします。

 

次に、桶に冷たい水を入れ、押すようにしてすすぎます

 

最後に、軽く絞り脱水をしてから、シワを伸ばして陰干しします。

 

天日干しは生地が傷んだり色褪せの原因にもなるので、直射日光の当たらない場所で干すことをおすすめします。

 

小さくてちょっとした汗染みならこの方法で落ちる可能性は高いですが、時間が経ってしまった汗染みや大きくて頑固な汗染みに関しては落とせない可能性もあります。

 

自宅でできればお金もかからないしいいかもしれませんが、手間も時間もかかる…

 

それに染み抜きの素人ですから、色落ちしてしまうことだってあると思います。

 

少しでも不安があればクリーニングに出すことをおすすめします。

 

しかしクリーニング屋さんでも100%ではありません。

 

少し色落ちしてしまったり、あまり染み抜きできていなかったり、いろんなクリーニング屋さんがあるでしょう。

 

一番は汗染み、黄ばみを作らないことですね!!

 

最後に汗染み、黄ばみ対策をご紹介します!


スポンサーリンク

浴衣の汗染みの対策 !汗を防ぐ方法はある?

 

浴衣を着て一番汗をかきやすいのは、帯を巻いている腰周りと背中

ここの汗染み対策としては、腰の部分にタオルを巻きその上から帯をすることです。

 

汗染み対策だけでなく、着崩れ防止にもなりますよ♪

他にもワンピースタイプの浴衣用のインナーや通気性のいい吸汗タイプのインナーを着るのも汗染み対策になります!

浴衣用のインナーはインターネットでも簡単に購入できますし、吸汗タイプのインナーはユニクロなどでリーズナブルにお買い求め可能です!

また、汗染み防止スプレーや、制汗剤などを持ち歩き適宜使用するのも効果的ですね!ひんやりして暑さ対策にもなりそう!

また、タオルと帯の間に保冷剤やアイスノンを入れて発汗対策もいいかもですね♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏といったら浴衣!

そんな浴衣に去年の汗染みが…なんて時はすぐにクリーニングに出しましょう。

 

時間が経ち過ぎてると自宅で染み抜きは困難なので…

そしてこの夏!汗染みができてしまった…放置せずにすぐに洗いましょう!

 

すぐにやれば自宅でも簡単に落とすことができます!

来年、浴衣を着る時悩まされることはありません!!

とわいっても一番は汗染みを作らないこと。この夏浴衣を着る際は是非汗染み対策、試してみてください!

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。