市川猿之助が開放骨折 レベルは全治6ヶ月!ゴムゴムの実の能力者が舞台装置で事故を起こすトラブルに!

歌舞伎俳優で、スーパー歌舞伎2「ワンピース」の主演を務める市川猿之助が舞台装置によって骨折の大けがを負って、代役を立てる事態になりましたね。これ以降は代役・尾上右近を立てての公演になります。ゴムゴムの実の能力者でも、このトラブルにはどうしようもなかったようです。


スポンサーリンク



市川猿之助が骨折でワンピースを欠場!代役は?

市川猿之助が主演を務めるスーパー歌舞伎2「ワンピース」ですが、一人二役を演じている彼が、舞台装置、その時来ていた衣装で事故にあったようですね。報道では「大けが」という表現をされていますが、左腕の骨折だそうです。

 

市川猿之助が演じているのは、ルフィという主人公と、ハンコックという二つの役です。

 

 

事故に遭った市川猿之助は松竹株式会社を通して、下記のコメントを発表しています。

 

「この度はご心配をおかけして誠に申し訳ありません。骨折してしまいました。でも心配しないでください、僕はゴムゴムの実の能力者のルフィです!僕は元気です!」

「なるべく早く復帰し、麦わらの一味として活躍できるよう、まずは治療に専念します」

 

いやいや。シリアスな状態なのか、冗談で通せる状態なのか分かりませんね 笑

 

いずれにしても命に別条は無いようですので、ひと安心ではありますが、スーパー歌舞伎「ワンピース」は、歌舞伎界でも注目の演目で、東京オリンピックまでに何とか歌舞伎界を盛り上げよう!ということで企画された舞台なので、世間的にはこの市川猿之助の骨折事故は少々インパクトの大きい出来事かなと思います。

 

なんせ主人公が事故を起こしてしまったのですからね。

 

今回の事故が起きたのは、「カーテンコール」の時だったようです。花道にある「せり」と呼ばれる舞台機構で降下する際に、衣装の一部がこの「せり」に絡まり、そのまま左腕が装置に巻き込まれたようです。

 

その「せり」はこんな装置です↓

 

見た事ありますよね。舞台の下から出てくるアレです。

 

これで今回は市川猿之助が舞台の「下」に降りていく際に、長い着物の袖が巻き込まれたらしいです。この「せり」は舞台を昇降するだけの力がありますから、その装置に巻き込まれたという事であれば、もっと大惨事が起きていてもおかしくない状態でしたから、骨折で済んだのは、不幸中の幸いでした。

 

この事故が起きたときは、会場周辺はパトカー、レスキューが駆けつけて、一時騒然となったようです。すぐに旧友搬送されて、命に別条はなく、先ほどのコメントを発表した形になります。

 

この事で市川猿之助は一定期間の公演を休場することになり、その変わりに代役として公演に出演するのは、尾上右近です。

 

尾上右近は、若手注目の歌舞伎俳優でまだまだ世間的には馴染みがないですが、家系的にも祖父が6代目尾上菊五郎、母方の祖父が映画スター・鶴田浩二というサラブレッドです。きっと素晴らしい公演にしてくれるでしょう!

 


スポンサーリンク



市川猿之助が骨折する可能性は最初からあった?

今回市川猿之助が骨折事故を起こしてしまった「せり」という舞台装置ですが、個人的には「これって危ないよね?」というふうに思っていました。テレビでたまに流れるアーティストのライブ映像とかをみてそう感じていたんですね。

 

市川猿之助が舞台中にケガと聞いて、こういった機械的なトラブルか、舞台上で転倒して骨折したのかどちらかを想像しましたが、案の定そうでした。

 

実際、市川猿之助は普通の骨折では無く、開放骨折という事で骨折の中でもそこそこ激しめの骨折です。

 

舞台の裏方さん達も細心の注意を払って準備をしているつもりでも、この「せり」に関してはどうしても装置が露出する機械なので、突発的にこういったトラブルが起きるのでしょう。

 

それが今回は主演を務める役者に起こってしまったという事で、同じような事がまた起きないかどうかが心配です。

 

一応、警視庁が現場検証を進めていて、事故が起きたちゃんとした原因などが分かってくるとは思いますが、代役を務める尾上右近さんも気を付けていただきたいと思います。

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。