希望の党 民進党と合流!!早くも与党の敗北が確定と叫ばれる事は必至ではないでしょうか?

前原代表率いる民進党が、「解党では?」と噂されている中、小池百合子都知事の新党「希望の党」へ合流する事が確定ししそうですね。元々自由党との合流が合意されている中でのこの動き。確実に与党の息の根を止めに言っている動きになっています。


スポンサーリンク



希望の党が民進党と合流へ!?急展開の裏側とは?

民進党の前原誠司代表が自由党との合流の合意を得る為に、党内で動いていたのは周知の事実で、自由党・小沢代表との大筋合意で話は進んでいましたが、ここへ来て新たな動きがありましたね。

 

前原代表が次回、2017年10月22日の衆議院選挙で「無所属」で出馬するという意向を示している事が分かり、それと同時に民進党の公認候補の希望者は「希望の党」で進めていく方向で話が進められている事が分かりました。

 

そもそも、この直近の民進党の動きとして、蓮舫前代表の二重国籍問題が端を発していて、民進党への信頼は地に落ちていた所でしたが、山尾議員の不倫スキャンダルそして、離党というのが決定打となり、民進党単体での議席獲得はかなり怪しいものになっていましたね。

 

その中で、次回の衆議院選挙は「野党の動き」が注目されていましたね。

 

そこで一気に話題を持って行った、小池百合子代表率いる「希望の党」の結党。イメージPR動画まで作成・公開し、かなり気合の入った結党っぷりでした↓

 

「保守」を掲げる典型的な政党になりますが、かなり気合が入っているようなので、これからの動きに期待です。

 

国民の期待も希望の党に集まる中で、前原代表としてはこのままでは自民党、公明党の連立に太刀打ちできないと判断したのでしょう。それはハナから分かっていたのか、自由党・小沢代表との合流、連携を進めていましたが、希望の党との連携となると、野党の連携がかなり強固になるかと思います。

 

希望の党、民進党、自由党の強力な野党連携の背景にはまだまだ動きがあり、希望の党の結党会見時に小池代表が放った、「あくまでも都知事として東京オリンピックを成功させる」という旨の発言をしています。

 

しかし、一部報道では衆議院選挙後の内閣総理大臣指名選挙への名前も挙がっている程、「国政」に対しての意欲も示しているという事が噂されているようです。なので、最後の最後で小池百合子首相が誕生しているという結果も可能性としてはあるかもしれません。

 


スポンサーリンク



希望の党と民進党の合流で選挙はどう闘う?

この二つの党の合流はほぼ合意されたという事で進んでいますが、一方で希望の党の小池百合子代表は「誰でもかれでも受け入れるわけではない」という事を明言していて、誰がどのような形で合流するかの「選別」をしていくという事を言っていますね。

 

前原代表は事実上の民進党解党をしたわけですが、その民進党の公認候補者の擁立には難点がある。そもそも今回の選挙では民進党内での公認候補希望者はすべて「希望の党」から出馬させたい考えでいる前原代表。しかし、それに対して、希望の党の代表の小池百合子氏は、完全に全員を受け入れるわけでは無く、「思想」「見解」「考え」で一緒にやっていけないと判断すれば、受け入れる事は出来ないと言う事です。

 

その「思想」の焦点となるのは、一番は『安全保障』の部分です。北朝鮮のミサイル発射の危機が全く拭えないでいる状況で、国民もこれに関しての不安が一番高い。その為、「リアルな完全保証」という部分で自民党、公明党と、仲間として戦えるかどうかが焦点になります。

 

これに関しては、小池百合子代表はしっかりとした方針の元に動かないと選挙を勝ち抜いた後も苦労をする事になる事を危惧しているわけですね。選挙には勝ったが、中身はスカスカでしかも空中分解を起こしてもおかしくないまで行く可能性がある。

 

解党せずに別の党と合流するという事はこういったことにも配慮しなければいけないわけですね。

 

民進党・前原代表 統一名簿作成の為に暗躍?

これまでも野党で連携し、自民党、公明党で形成される与党を潰す戦略に出た局面はなにも今回ばかりではありません。

 

その度に、新しい政党が生まれていろんな思想が出てきました。今回もそれと同様だと思っています。しかし、今回は小池代表の言うとおり、しっかりと選別をしてから合流という形を目指さなければいけません。

 

その一つの動きとしては、前原代表は「統一名簿」の作成に暗躍しています。

 

というのも、民進党、自由党での公認候補で立候補を行うおうとする希望者は、すべて「希望の党」からの候補者として立候補出来るよう、統一名簿方式での選挙へ向けて動いているようですね。

 

自身も民進党からの出馬ではなくて、「無所属」での出馬を表明しております。

 

これからどんな展開を見せてくれるのか?とても楽しみです。

 

新しい情報が入り次第、記事を更新させていただきます。

 

また、ご覧いただきますようお願い致します!

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。