長沢広明 相手女性を写真で特定!?豊満な肉体が魅力的だったのかを文春の取材から真相を追ってみる。

公明党・長沢弘明復興副大臣が議員宿舎に連れ込んでいた相手女性は赤坂のサロンで働く女性である事が判明しそうです。写真もきっちり掲載されており、特定できたのでは?という情報も流れるなかこちらの記事でも徹底的に情報を追っかけてみます。


スポンサーリンク



長沢弘明の相手女性を写真で特定!?

今度は公明党の現役の副大臣が文春砲の餌食になりましたね。民進党の山尾志桜里議員も、文春砲にやられ、週刊文春が発売される前に、幹事長内定を取り消された末路をたどっています。結局彼女も民進党を離党し、支援者らに謝罪挨拶回りにいくも、まったく相手にされていない感がありますね。

 

今回の長沢弘明復興副大臣の女性問題を振り返ってみても、おそらく同じ事になると危惧した自民党は、文春発売前の水曜日に離党届を出させ、さらに議員辞職にまで追いやられましたね。これはおそらく、というか確実に衆議院解散をにらんでの動きです。

 

9月28日に安部首相は衆議院を解散する事を表明していて、おそらくこの記事をご覧いただいている頃には例の解散する時に行う「バンザイ!」がされているときだと思います。どうせ解散ということになるならば、正直なところ、この段階で文春のスキャンダルは痛いです。

 

この長沢弘明元副大臣が、自身の議員宿舎に女性を連れ込んでいた問題ですが、思っていたよりも行われていた事はエグかったようです。どうやら今回写真を撮られている女性は長沢弘明氏の「愛人」とみられており、毎週末、長沢氏の議員宿舎を訪れ、大人の関係に至っていたという報道です。

 

どうやら相手女性は赤坂のサロンに勤務している女性のようで、長沢氏への文春の取材映像を見ると、長沢氏は否定しているようですが、辞職したという事は完全にクロだったという事を認めてしまった形になります。こういうのって難しいですよね。今井絵里子、橋本神戸市議の問題も、一度目にはっきりと認めないと、翌週、翌々週に新たな疑惑がどんどん出てくる。でも本人達としてはあっさり認めてしまうわけにはいかないわけです。

 

斉藤由貴さんの時もそうでしたからね。結局は認めて「ごめんなさい」とはっきり言うか、最後まで否定し押し通すかを迫られるわけです。それが議員の場合には、前者の選択しかないわけです。文春は否応なしに、アポなしで突撃取材してきますから、咄嗟の判断としては「いや、そんなのあり得ないですー」しか言えない。かなりきついと思います。

 

こちらが例の女性の写真です。結構な豊満な肉体とお見受けします。長沢氏もご結婚されて、家庭がある身だというのに。。。

 

 

でもそれは自分がやってしまった事ですからね、仕方がないと国民は思っていますし、自業自得だと思うべきでしょう。

 

さて、ネット上では早くもこの女性を特定しようとする動きがあるわけですが、この記事でも情報は追っていきますよ。

 


スポンサーリンク



長沢弘明氏 相手女性を写真で特定か!?

どうやら、選挙活動の途中で知り合ったという情報が出回っているようです。

 

一番多い情報としては下記の写真に写っている女性ですね。

 

 

この方は正真正銘の一般の支援者のようですが、可能性としてはありますね。

 

親戚の方の可能性もありますが、こういった思いっきり現場でお手伝いをするのは、支持母体である創価学会の方が行うものと聞いた事があります。

 

公明党の支持母体である創価学会にはきれいな方が多い聞きますが、確かにこの方もカメラ映えする御顔立ちをされています。

 

そもそもですが、相手女性ですが赤坂のサロンで働く女性という事ですが、先ほどの動画の中では「友人といつも行きます」と応えていますね。「誰だよその友人って!!」とかって思うわけですが、おそらくその辺は文春の記事が発売になれば明らかになるという事でしょう。

 

で、この週刊文春が報じている女性の写真をもう一度見ていただきたいのですが、↓

 

 

年齢がめちゃめちゃ若いんですよね。やっぱり国会議員ってすげぇなーとか思います。

 

年収もさることながら、やっぱり女性は権力に弱い?いやそれは人によって違うな。どうなんでしょうか?やっぱりこの局面でもシラを切る度胸のある男性に惚れるのでしょうか?個人的にはもういい加減不倫はやめてくれよと思いますからね。

 

議員だけでこの3ヶ月でどれだけの不倫疑惑が出たんでしょう。しかも今回の長沢氏の不倫でも、今井・橋本ペア、山尾・倉持ペアと続いてのこの報道ですよ。もっと言うと、今回は議員宿舎でチョメチョメですから一番タチが悪い。自分だけは大丈夫だとでも思ったのでしょうか。

 

文春の記者とのやり取りを振り返ってみても、

 

文春記者「交際されている女性についてお尋ねしたのですが」
長沢氏「どういうことですか?」

 

文春記者「赤坂のサロンに勤めている女性をご存知ですか?」
長沢氏「ちょっと、ちょっとあのすみません」

 

文春記者「ちょっと、お話伺わせて下さい」

文春記者「いつも行きつけのお店に」
長沢氏「行きますけど、友人と行きますけど」

 

文春記者「交際されているわけではない?」
長沢氏「ないです」

 

文春記者「(その女性と)宿舎で一緒に過ごしている?」
長沢氏「それはないでしょ。それはないです」

 

文春記者「(その女性が)毎週のようにいらっしゃってないですか?」
長沢氏「ないです、ないです」

 

もしこれが、先ほどの女性であれば、完全に政界復帰は遠のきますね。

なぜなら、この長沢広明氏は、支持母体・創価学会の佐藤浩の秘蔵っ子で、彼が復興副大臣のポストに登りつめられたのもそのおかげのようなものなんですよ。ということは、今回のスキャンダルで、創価学会内の批判も少なからずあるでしょう。そうなれば、次に出馬したとしても、票を集める事は難しい。

 

そう考えると、今後の長沢氏の動向が気になりますね。既に公明党を離党している長沢氏。衆議院での出馬表明もあり得ますよ。なぜなら、民進党と希望の党、そして自由党が実質的に合流しようとしていますからね。

 

もう公明党の助けが得られないのであれば、「違う党から」というのも本人としては考えていることだと思いますよ。

 

衆議院解散表明に重なった今回の愛人報道。今後新しい情報が出てきたら記事を更新させていただきます。

 

ぜひご期待ください!

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。