梅雨の時期のカビ対策 窓やカーテンの掃除はどうしてる?


ジメジメとした梅雨の季節。湿気、カビや結露に悩まされて気持ちまで一層ジメジメしてしまいますね。

私が若いころ一人暮らしをしていた住まいは、カビがひどくて、結露は当たり前、窓サッシ、窓のゴムパッキン、カーテンのほかに部屋の壁までカビが発生するような住まいでした。

カビは放っておくとどんどん増えていきます(涙)。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではカビそのもののほかに、皮膚真菌症(水虫、タムシ等)や真菌アレルギー症(気管支ぜんそく、過敏性肺炎等)等の健康被害も心配になることと思います。

以下では私が実践したカビ対策と、何より小さなお子様を考えたカビ対策に主題を置き、再度インターネット等にて調べた結果も踏まえながら対策をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

梅雨の時期のカビ対策って、具体的にはどうすれば良い?

私が行った具体的なカビ対策は、主にカビの発生のもととなる、カビの栄養(ほこり等)、湿気をできる限り抑えるために、お部屋をこまめに掃除して清潔に保ち、窓を開けてお部屋はなるべく解放して湿度が上がるのを防ぎ、結露等の水分はこまめにふき取り、エアコンのフィルター掃除(エアコンのフィルターを汚れたままにしておくと真菌を撒き散らすことになるそうです)を行いました。

でも、梅雨の季節は雨が多いのでなかなか窓が開けられない日も。

そんなときは湿気がこもりやすい箇所に向けて扇風機を使用し空気を循環させるや、エアコンのドライモードを使用することで湿気や湿度を逃す、抑える工夫をしました。

部屋の広さにもよると思いますが、エアコンのドライモードは梅雨のジメジメ感が緩和されることが実感できます。

ここからはその他に対策法をご紹介します。

空気清浄機による対策(真菌を吸い込む)

空気も清浄できて、小さなお子様がいるご家庭では特に有効かもしれませんね。

除湿器を使用する対策

除湿器には、種類がありますが、夏場も冬場も使えるハイブリット式がおすすめだと思います。衣類の部屋干しにも有効です。

梅雨の時期に窓にカビが生えた場合のお掃除方法

窓に発生したカビは、中性洗剤を水で薄めて拭き掃除すればガラスの性質上簡単に取れると思います。

落ちない場合は市販のカビ取り剤が有効です。

なかなかカビ汚れが取れない場合は、キッチンペーパーに薬剤を浸み込ませ、カビの発生箇所に貼りつけてしばらく浸しておくと効果的です。

窓サッシやゴムパッキンのお掃除には、キッチンペーパーに除カビ剤を浸み込ませ、窓サッシやゴムパッキンに貼りつけしばらく浸しておきます

スポンサーリンク

ただし、ゴムパッキンは劣化しやすいので、浸す時間が長いと変形や劣化などの原因になります。

窓サッシやゴムパッキンのカビ掃除には、上記の方法にプラスして、キッチンペーパーを置いた上からラップを被せ密封するとより効果的なようです。

窓、窓サッシやゴムパッキンのお掃除後、乾いた雑巾などで水気をよくふき取り、防カビ剤もしくは消毒用エタノールを吹き付け、防カビ対策もお忘れなく。

防カビ剤は定期的に吹き付けましょう。

窓等のゴムパッキンにはジェル状の薬剤も効果的なようです。

カビ掃除に用いる薬剤は、カビキラーなどの塩素系漂白剤が劇的な効果を発揮しましたが、小さなお子様がいるご家庭では、非塩素系の除カビ、防カビ剤が安全でおすすめです。

非塩素系除カビ、某カビ剤も使用したことがありますが、効果は実感できます。

ネットで「非塩素系カビ」等で検索されると色々な商品があります。

また、消毒用エタノールにはカビを殺菌する効果があるので防カビに有効なようです。

どのような薬剤を使用するにしても、ゴム手袋、マスク着用と目などに薬剤等が入らないようにすることも大切です。

梅雨の時期にカーテンにカビが生えた場合のお掃除方法章

カーテンにカビが発生した場合、軽度なものであれば、タオルの先に熱湯を含ませ拭き取るようにするか、市販の消毒用エタノールもしくは衣類用酸素系漂白剤をつけた歯ブラシや綿棒でカビの部分をポンポンと叩くようにカビをふき取りますと、程度によってはそれでもカビ跡が残りますが取れます。

※薬剤を使用される場合はまず洗濯表示をご確認の上、使用可能洗剤を使用し、色落ちに十分ご注意ください。

カーテンのカビ取り後は、カーテン用の防カビスプレーはもちろん、衣類布製品の除菌消臭スプレーも、一定のカビ予防効果があることが実験で認められているようなので使用してみるのも手ですね。

クリーニングに出される場合やご自宅でのカーテンの手洗い・洗濯を検討される場合、特にご自宅での手洗い・洗濯でまず注意したいのは、素材によって縮み方に差があるものの、すべての繊維製品は、洗うと縮むことを前提に作られているということです。

素材をよく確認されたほうが良いです。

そのほか、色落ち、生地の傷みにも注意が必要です。

ご自宅での洗い方は、生地を傷めず型崩れを防ぐために、洗濯表示に沿った洗剤使用、洗い方をするほか、折り方、水温、洗濯コース、脱水の仕方、干し方があります。

ネットで「家庭でのカーテンの洗い方」、「カーテン自宅洗い可能素材」、「カーテン自宅洗い色落ち」「洗濯表示」等を検索されると、プロが解説しているHPがありますので、後ほどご紹介させていただきますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カビは一度発生すると対策が非常に面倒ですね。

カビが発生する前に、カビが発生しない対策を取ること=より快適な住まいづくりとも言えそうです。

お伝えしましたカビ対策が、お子様も安心して暮らせる快適なお住まいになる一助になれば幸いです。

スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。