株式会社CULEN(カレン) 社長は一体誰なの!?飯島三智氏が取締役に名を連ねる状況で今後の3人の活動の展開が気になるところ。

元SMAPの3人の新事務所が決定したようですね。株式会社CULEN(カレン)という事務所です。社長は誰なのか?しかも、取締役にはあのSMAPの元マネージャー・飯島三智氏が名を連ねているようですね。今後の展開はどのように動いていくのでしょうか?

スポンサーリンク

株式会社CULEN(カレン)の社長は一体誰なのか!?

まずはっきりさせておきたいのは、元SMAPの3人、香取、草彅、稲垣が今後身を置く事務所が決定したという事。

 

ジャニーズ事務所退所から間もない9月22日の時点で、この事実が公になりました。

 

退所からこれまでは、共通の弁護士事務所にマネジメントその他の事務所の役割を委託してきましたが、この時点で新事務所の存在を明らかにしてきました。

 

新所属事務所となる株式会社CULENのHPはこちら↓

 


http://culen.tokyo/

 

このHPにはある文章のみが記載されています。

これから、稲垣吾朗さん、草彅剛さん、香取慎吾さんとクリエイティブな活動をご一緒させていただきます。

ご支援よろしくお願い致します。

株式会社CULEN

 

「おいおい!これだけじゃどんな会社かわかんねー!!」っていう感じですが、ひとまず三人の居場所が決まってひと安心です。

 

でも、さすがにこれだけでは謎が多いですよね。

 

ただ一つ言えるのは、この株式会社CULENにはまだ所属タレントがこの三人しかいないという事。

 

今後どう動いていくか分かりませんが、おそらく個人的な読みとしては、今後もこの三人以外に所属するタレントは居ないだろうという読みをしています。

 

もしくは、その逆で中途半端にタレントを増やすのではなく、「第二のジャニーズ事務所」と言われるぐらい、男性アイドルを抱えるような事務所になっていくかのどちらかです。

 

しかし、後者に関しては色々と障壁が多いです。

 

やっぱり見方としては、三人のジャニーズ事務所退所は、ジャニーズ事務所としてもかなりの痛手で、苦渋の決断だったと言えます。

 

まだまだメディアに対して強い影響力を持つジャニーズ事務所の圧力がかかるのは必至。

 

「あの三人は認めるけど、それ以外はマジで認めないよ。分かってるね?」

 

ぐらいの感じでジャニーズ側は思っていると予想されます。

 

そんな中、この株式会社CULEN(カレン)を立ち上げたのはどんな人物なのでしょうか?

 

それが何を隠そう、SMAPの育ての親、元マネージャーの飯島三智(いいじまみち)氏なのです。

 

これは、企業の信用情報調査などを生業としている帝国データバンクの新設企業データベースに記載されている内容で、

 

法人名:株式会社CULEN(カレン)

住所:東京都港区虎ノ門5丁目11番1号オランダヒルズ森タワー706号室

法人登記:2016年7月26日

代表者:(取)飯島三智

 

という記載があるのですね。

 

はい。ここで合流したわけですよ。元マネージャーと。

 

ジャニーズ事務所退所後に、一回弁護士事務所にマネジメントを任せておいて、短期間置いたあとにこの事務所に所属する事になったのはそういうことだったのです。

 

直接このCULENに移るのは、あまりにもバツが悪すぎるので、ワンクッション置いたという事ですね。

 

まあ、懸命な判断でしょう。さすがにここからはあまり波風立たないようにしなければなりませんから、飯島氏側の最大限の配慮だったと言えます。

 

 

NEW!!元SMAPの三人が公開した「あのサイト」に隠された本当に意味がすごい。。↓

スポンサーリンク

株式会社CULENでの今後の展開について

 

まずひと際目立つのは、「新しい地図」という特設サイトですね。

 

 

この中ではあるPR動画が公開されているんです。それがこちら↓

 

 

この中で綴られているメッセージ。

 

逃げよう。
自分を縛りつけるものから。
ボーダーを越えよう。
塗り替えていこう。
自由と平和を愛し、
武器は、アイデアと愛嬌。
バカにされたっていい。
心を込めて、心を打つ。
さあ、風通しよくいこう。
私たちは、新しい地図。

 

というメッセージ。

第2弾は10月16日に公開予定ということになっています。

 

これを見た私の所感は、

 

「もー!まるでSMAPじゃん!」

 

という印象。

 

SMAP時代から、PVや出演するCMに対してSMAP本人や飯島三智氏の意見がかなり強く反映された映像作品が多かったんです。

 

それがこの映像の中にもかなり詰め込まれていたような気がします。

 

特に使われているメッセージの表現方法。倒置法が多い。

 

これはSMAPの映像作品やその他のメッセージ性の強い作品にきわめて多い表現方法です。

 

そういった事からも個人的には、活動はSMAP時代の活動方針をベースにして動いていくと思います。

 

なんせあの飯島氏がマネジメントするわけですからね。それは否定できないでしょう。

 

また、この株式会社CULEN(カレン)は設立が2016年の7月です。

 

さらにこの会社とは別に飯島三智氏は、中国資本の「ラオックス」と連携して、免税品を取扱う会社の代表をしています。

 

前々からこの会社を起点とした中国進出を目論んでいると噂されてきました。

 

さっきのメッセージにもあった、「ボーダーを越えよう」というメッセージは、こういった海外進出を視野にいれたものだと思います。

 

思いますというよりもそうだと思います。

 

さらに言うならば、こういったファンビジネスで一番利益になるもの。それは、「グッズ販売」です。

 

ラオックスの持つ資本つ販売ルートを使えば、一気にグッズは売れていきます。

 

そういった戦略も視野にいれて、昨年の2016年は色々と動いていたのでしょう。

 

今後もこの話題については情報を追っていきます。

 

ジャニーズ時代には施策として打っていなかったSNSを使ったプロモーションも行っていくようです↓

 

 

早速ツイッターにはかなりのコメントが寄せられていて、9/22時点でフォロワーも18万人越え!

 

これから新情報が入り次第、記事を更新していきたいと思います!
お見逃しなく!

 

NEW!!元SMAPの三人が公開した「あのサイト」に隠された本当に意味がすごい。。↓

スポンサーリンク

Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。