鳳恵弥は売名行為だった可能性大!?鈴木砂羽の土下座強要騒動はまだまだ謎のままです。

鈴木砂羽の土下座強要疑惑で舞台を降板させられた鳳恵弥は売名行為だったのではないか?という噂が出ていますね。事務所社長のコメントや、これまでの経緯をまとめてみました。


スポンサーリンク



鳳恵弥は実は売名行為だったのではないか?

散々騒がれている鈴木砂羽の土下座強要疑惑ですが、舞台「結婚の条件」の主催者側である脚本家の江頭美智留氏や鈴木砂羽本人も、「土下座を強要した事はない」というコメントを発表しており、謎の多い騒動です。

 

今回、鳳恵弥の所属事務所社長が何回か登場していますが、ここまで事務所の社長がメディアの前に姿を現すこともめずらしいですよね。

 

小さい事務所であるから故のことなのかもしれませんが、個人的には「売名行為」を疑ってしまっています。

 

正直なところ、今回降板した2女優に関してはどちらかといえば「マイナー」な、あまり知られていない女優さんですよね。

 

しかも、2女優とも同じ所属事務所。

 

舞台に同じ事務所の女優が出演する事事態はそんなに珍しくありませんが、ここまで綺麗に同じ騒動で話題になることってあるでしょうか?

 

この土下座強要があったかどうかは、本人たちのみぞ知ることなのですが、降板させられた女優側のコメントと、主催者・鈴木砂羽側のコメントは完全に一致せずにこのまま平行線をたどるかと思います。

 

9/15になって、所属事務所の社長が「私の中での収拾がついた」などとコメントしていて、ある意味での事件の収束に向かっている形ではありますが、本当にそうなのでしょうか。

 

あまりにも、きれいな終わり方をしていて、とても不自然に感じています。

 


スポンサーリンク



鳳恵弥が売名行為だったとしたら。

もしこれが鳳恵弥側の事務所も含む売名行為だったとするならば、主催者側は大きな痛手を負わされたという形になります。

 

舞台「結婚の条件」は無事初日の公演を終えており、また当初の観客動員数よりも多く集客できたという事もあって、成功と言えるかと思いますが、評判という意味ではかなり歯切れの悪い結果となっています。

 

鳳恵弥のギャラに関しても、主催者側は満額支払う事にしているようですが、事務所側は「ギャラだとすれば受け取らない」と主張していて、かなり泥沼状態です。

 

鈴木砂羽が初日の公演を終えたあとに、マスコミの取材に答えたコメントがとても印象的です。

 

マスコミ
「また2女優との仕事ご一緒されたいですか?」

鈴木
「・・・はい」

 

コメントが大人というか、全てをのみこんだ上での返事だったと思います。

 

舞台が終わったあとに、共演者達で涙したことを考えると、共演者同志の絆は深いのではないかと考えております。

 

そうなると、鳳恵弥、牧野側が「異端」な行動をとっていると思われてもしょうがないのでは。。。と思ってしまいます。

 

鳳恵弥側もブログや事務所Facebokページを通じてコメントを発表しているわけなのですが、客観的に見ている一般人としては信憑性も分かりません。

 

鳳恵弥の売名行為という見方をされても仕方がないかと思います。

 

こちらの話題に関しては、引き続き新しい情報があり次第記事を更新させていただきます!

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。