前原誠司 北朝鮮シンパになっていたのか!?工作を仕掛けられていた疑いもある中で民進党はどう立ちまわるのか?

文春砲が発射され、前原誠司民進党代表の北朝鮮での美女との一連のお遊びが明らかになったが、これで「北朝鮮シンパになっていたのでは?」という疑いがさらに強くなった感があります。


スポンサーリンク



前原誠司が北朝鮮シンパになっていた疑いがある

前原誠司民進党代表が過去2度にわたり北朝鮮へ訪朝し、そのうちの一回がハニートラップに遭っていたのでは?という疑惑がもたれていますね。

 

北朝鮮の美女を複数従えて、バーベキューでベロンベロンに酔っぱらっていたという事も分かっていて、完全にこれをきっかけにして「北朝鮮シンパ」になり変わったのでは?と噂されています。

 

 

 

 

これらの写真は、前原誠司が北朝鮮に訪朝した時に撮られた写真です。

 

おそらく北朝鮮としては、日本の政権を彼が獲った時に、その時の政権に間接的に何かしらの影響を及ぼせると考え、「蜜月」状態に持ち込んだものと思われます。

 

これらの写真に対して、前原誠司は「記憶はある」と答えているものの、京都府議時代の話をしたうえで、ただの世話役であること、何もやましいことは無かったという事を週刊文春のインタビューに答えているようですが、政治家はみんなそういいますあら、本当の所は今後の情報の出方に注意していきます。

 

前原誠司の民進党再生計画は白紙に?

今回の文春の報道によって、新たな出発を図った前原誠司率いる新・民進党はデバナをくじかれた感じになりました。

 

北朝鮮シンパでは?噂される前原誠司に今後どのような与党の追求がされるかどうかですが、最悪の場合、前原代表の辞任という事も考えられそうです。

 

今後の情報に気を付けていきますが、しっかりと他週刊誌の報道を追っていきます!

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。