丸山桂里奈はおバカキャラだった!?勘違い女の呼び声高い彼女が日本代表に残した功績の数々。グラビア写真も大胆披露!

しくじり先生に出演した丸山桂里奈がおバカキャラ満載でしたね!グラビア写真画像とか見ても勘違い女の呼び声が高い彼女ですが、あれでもしっかりと日本代表を強豪チーム二まで持って行った立役者ですからね。そんな丸山桂里奈のおバカっぷりをまとめてみました。


スポンサーリンク



丸山桂里奈はおバカキャラだった!その理由は?

しくじり先生を見ていた人はびっくりしたかもしれませんが、丸山桂里奈は実はおバカキャラだったようですね。

 

日本代表なでしこジャパンのエース級の選手がそもそものサッカーのルールを知らないでプレーしていたんですからね 笑

 

そんな丸山桂里奈の事をあまり深く知らない人もいらっしゃると思うので、簡単にプロフィールをまとめてみました。

 

名前:丸山桂里奈
生年月日:1983年3月26日(34歳)
出身地:東京都大田区
身長:163cm
体重:56kg
卒業高校:東京経営短期大学村田女子高等学校
最終学歴:日本体育大学体育学科卒業

 

プロフィールを調べていると、生まれながらのサッカー少女という感じでした 笑

 

小学校の時にサッカーを始めたようですね。所属したチームは、「入一SC」という、大田区立入新井第一小学校サッカークラブでプレーをしていたようです。

 

出身も東京都大田区なので、地元のサッカークラブだったようですが、そもそも東京のサッカークラブは地元のクラブでも十分にレベルが高いですからね。そこで鍛えられたのでしょう。

 

その後、中学に入学してからは日テレベレーザの下部組織にあたる読売メニーナに所属してプレーし、全日本女子サッカー選手権に出場登録されました。

 

女子サッカーの競技人口が少ないという事もありますが、やはりその年齢で出場登録されるというのは才能があったからでしょうね。

 

高校時代は東京経営短期大学村田女子高等学校に進学し、全日本高等学校女子サッカー選手権大会で3位というのがベストの記録のようです。この頃には読売メニーナを退団して、高校のチームでのプレー選んだようです。

 

高校生になると、色々と時間のやりくりが難しくなりますからね。

 

中学時代に出来ていたことが、高校になると時間が無くなって出来なくなるという事を懸念してか、もしくは、そもそもサッカーの強い高校に進学したという事もあったかもしれません。

 

大学時代は日体大に進み、在学中は全日本大学女子サッカー選手権大会を4度制覇。

 

在学中になでしこジャパンに選出されて日本代表選手となります。

 

その後、ワールドカップ、アテネオリンピックに出場することとなります。

 

これだけのサッカー経歴を持っていると、やっぱり学問の方はおろそかになってしまうのですね 笑

 


スポンサーリンク



丸山桂里奈おバカエピソード

そもそも日本代表選手にまでなった選手がこんなことありえるのか!?と思える程のエピソードなのですが、

 

【オフサイドを知らなかった】
オフサイドって、結構最初はややこしい事は確かです。

 

 

要するに、相手側の一番後ろの選手と相手のキーパーの間に立ってパスを受けてはならないというルールです。

 

丸山桂里奈はフォワードで点を獲りにいく選手なので、その辺のルールはしっかりと把握しなければいけないルールです。

 

一番前線の選手ですからね。

 

まあ、この辺は体で覚えていた、鍛錬したという事で無知を経験でカバーしていたのでしょう。

 

【PKが何の略かを知らなかった】

これもフォワードとしては致命的です。フォワードは相手のファールを誘ってPKを誘発することもテクニックとして必要な場面があります。

 

そのPK=ペナルティキックのことを、丸山桂里奈はパーソナルキックと覚えていたらしいです。

 

【レッドカード】

サッカーでは悪質なファールを行うとイエローカードが審判から出される事があります。このイエローカードを2枚もらうと、レッドカードに昇格し、退場しなければなりません。

 

このルールを知らなかったようです。。。

 

これはどう頑張ってもかばいようがありません。

 

【憧れの監督はジローラモ監督】

おいおい。ジローラモ監督って。

 

それイタリア親父の事でしょ 笑

 

憧れの監督は?と聞かれた質問に対しての答えで、答えた監督の名前が「ジローラモ」。

 

本当は「モウリーニョ監督」と答えたかったみたいです。

 

こんな感じで完全におバカキャラを発揮している丸山桂里奈ですが、しっかりと日本代表では「スーパーサブ」として得点を挙げて大活躍しました。

 

正直、おバカではなく天才肌という感じの選手ですね。

 

まとめ

スポーツ選手には頭を遣って、インテリジェンスにプレーするタイプの選手と、運動神経抜群で本能でプレーするという2タイプに分かれますが、丸山桂里奈に関しては完全に後者ですね。

 

引退してからもバラエティなどで活躍していますから、今後の活躍も期待しております!

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。