日下千帆がロリータファッションが目覚める!?マナー講師としての評判に傷がつくのでは?

元テレビ朝日のアナウンサーの日下千帆さんがロリータファッションに目覚めたようですね。アナウンサーを引退されてからは、一般企業でマナー講師等もされているようなのですが、なんでまた日下千帆はロリータファッションに目覚めたのでしょうか?その画像なども色々と調べてみました。


スポンサーリンク



日下千帆がロリータファッションになぜ目覚めた?

まずは世代的に日下千帆さんを知らないという方もいらっしゃるでしょうから、簡単はプロフィールを見ていきましょう。

 

 

名前:日下千帆
生年月日 :1968年2月29日(49歳)
出身地:東京都荒川区南千住
血液型 B型
出身高校:東京都立白鴎高等学校
最終学歴 成蹊大学法学部政治学科
所属事務所:株式会社ビコーズ
職歴:元テレビ朝日アナウンサー

 

という感じです。

 

大学時代は元々広告代理店への就職を目指していたそうですが、先に受けたテレビ局のアナウンサーの試験に合格し、そのままアナウンサーになったようですね。

 

今もその名残があるのですが、大学生の就職活動で一番早く始まるのがテレビ局のアナウンサー採用試験なんです。

 

で、アナウンサーになんかなりたくないという人でも、「面接の練習」として、アナウンサー採用にがんがん申しこむんです。

 

特に、広告代理店を目指す学生なんかは、SPIという筆記試験も突破しなければいけませんが、面接内容が最重要要素ですので、受ける人がいるんですよね。

 

しかも圧迫面接が多い。だから、練習には最適の場なのです。

 

日下千帆さんはそのためしに受けたアナウンサー採用試験で見事合格、そして、アナウンサーという職業の魅力に気づいてしまったということです。

 

出身高校の東京都立白鴎高等学校は現在都立を代表する、中高一貫校で偏差値も高い高校です。

 

元々の地頭が良いのでしょうね。

 

また、卒業した成蹊大学には卒業生にあの安部晋三もおり、由緒ある大学ということです。

 

学生として優秀な学生だったんですね。

 

そんな日下千帆さんはなぜロリータファッションに目覚めてしまったのでしょうか?

 

 

ひとつは、普段はお堅い仕事をしているからではないでしょうか?

 

現役のアナウンサーを引退してからは、いろんな資格をとり、キャリアドバイサーなマナー講師等の仕事をしております。

 

所属している会社は株式会社ビコーズという会社です↓

 

ビジネスマナーや電話応対などを「教える立場」なので、普段から言葉遣いに気を遣ったり、立ち振る舞いに神経をつかったりということが多いので、その反動でロリータファッションという発散方法になっているのではないかと思います。

 

そう考えると、それまで歩んできた経歴が、由緒ある学校、アナウンサーという常に見られる職業であるということもあって、ずっとそういった自分でも気付かないようなフラストレーションというものがあったのだと思います。

 

ただ、この年齢でロリータファッションというのがまた斬新ですね。。。

 


スポンサーリンク



日下千帆さんのマナー講師としての評判に傷はつかない?

日下千帆さんがこのロリータファッションをすることで、マナー講師としての評判に傷はつかないのでしょうかね?

 

まあ、プライベートで行うというのは個人の自由ですからいいのですが、完全にこの格好でメディアに出てしまっていますからね。

 

でもその辺は、所属している株式会社ビコーズという会社が臨機応変に対応しているのでしょう。

 

会社からすれば、看板講師をテレビに出演させることが出来るわけですから。

 

しかも元々はアナウンサーをやられている方なので、視聴者もそういった目で見ることは分かっているわけです。

 

うまくこれを利用すれば、講師派遣としての実績もつきますからWIN-WINの状態になるのです。

 

世の中、うまく出来てますね 笑

 

ただし、これが行き過ぎるとあることないこと言われてしまうので、注意が必要だとは思います。

 

「元アナウンサー」という肩書きをうまく活用して、世のビジネススキルの向上の為にさらにがんばって欲しいと思います。

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。