松山千春の神対応[動画有り] 大御所歌手の貫禄でその場の雰囲気を一変させた歌唱力!

歌手の松山千春の神対応がネット上で話題になっていますね!動画もアップされていたので、そこはしっかりと情報集めて見ましたよー!


スポンサーリンク



松山千春の神対応の動画を見て感動!

ベテラン&大御所のあの松山千春がANA航空機内で「大空と大地の中で」を熱唱して話題になっていますね!

 

その動画がこちらです↓

 

 

んー。まだ本人が写ってないので微妙ですな。

 

ちなみにツイートはこんな感じ↓

 

もっとちゃんとした動画がアップされたら記事を更新させていただきます!

 


スポンサーリンク



松山千春が「大空と大地の中で」を熱唱した理由

既にご存知かもしれませんが、松山千春さんは、

 

出発予定11時55分→実際の出発時刻13時3分

 

という超遅延中のANA(全日本空輸)の札幌(新千歳)発、大阪(伊丹)行きの便に搭乗していました。

 

理由は保安検査場の混雑。

 

1時間以上もの間、乗客たちは席に座らせられて超イライラムード。。。

 

そこで松山千春さんは、客室乗務員にマイクを貸していただけますか?の一言を投げかける。

 

この対応がすばらしいですよね!

 

マイクを持った松山千春は、

「滅多にこんな事はないんです。皆さん頑張ってますから、もう少しお待ち下さい」

と言って、「大空と大地の中で」を歌いだしたのです。

 

歌い終わると、

「皆さんのご旅行が、またこれからの人生が、すばらしいことをお祈りします。もう少しお待ちください。ありがとうございました」

と一言。機内の重苦しい雰囲気は一気に吹き飛んだそうです。

 

松山千春はこの後ラジオ番組の収録に向かうところだったようです。

 

そのラジオ番組で松山千春は、

「機長からアナウンスがあり、保安検査が大渋滞になっていて、この便に乗る予定の方々が巻き込まれてしまい…(中略)そうか~皆頑張ってあそこに並んでな、待っているんだな、みたいなね。それにしても遅いな、みたいなね。段々雰囲気が悪くなるんだよ、分かるべ?機内の雰囲気が悪いんだよ(笑)」

「おれも出しゃばったことしているな、と思うけどさ、皆の気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんよく許してくれたな、と思うわ。うそみたいな、話でした」

 

こんな風に話をしてました!

 

それにしても、ここまでの大御所がこういった対応をしてくれると、本当に「歌も悪くないなー」って思うんですよね。

 

だって、今の時代は音楽も多様化が進みすぎていて、何を聴いたら良いか分からない 笑

 

何が良い音楽なのかも分からない。

 

そういったときに思い出させてくれる日本の音楽シーンの名曲。

 

それを機内で、サプライズで聞けるなんて。。。本当にうらやましい!

 

また動画とかを探してみるので、新しい動画があがっていれば記事を更新させていただきます!

 

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。