島袋司のプロフィール 「琉球フレンチ」へのこだわりと提供価格のギャップがすごい!!

情熱大陸で「琉球フレンチ」を沖縄で提供している島袋司さんが特集されますね。情熱大陸で取り上げられるぐらいの人なので、プロフィールが気になりました。その他にも経歴とか色々調べて見ました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



島袋司のプロフィールは?

島袋司さんは沖縄県出身の方で、現在は沖縄で「レストラン ラトリエ」というフレンチのお店を開業されています。

 

いろんな有名人の方も沖縄にいくと訪れる見たいです。

 

 

それだけ注目されている島袋司さん。プロフィールが気になったので、調べてみました。

 

名前:島袋司
生年月日: 1976年
出身地: 沖縄県那覇市
最終学歴: 専門学校卒業(調理学校:詳細不明)

専門学校卒業後、20年以上料理の世界に身を置いており、1995年から7年間は、日本を代表するフレンチの巨匠・三國清三(みくにきよみ)氏のもとで修行した経験をもち、そこで得た知識、技術、店舗経営ノウハウを活かし、2008年11月に「フレンチレストラン ラトリエ(L’atelier)」をオープンさせました。

 

そのオープンさせた「琉球フレンチ」を提供するお店「ラトリエ」↓

沖縄で取れる海の幸をふんだんに使用し、沖縄県内の農家、市場を自分自身で見てまわり、その日の最高の食材で料理を提供しています。

 

しかも、特徴的なのは沖縄特有の食材を使用して提供する事。それは生まれ育った土地だからこそ分かる食材の知識と、王道のフレンチを学んだからこそできる技。

 

沖縄は彼にとって、これ以上に無い食材の宝庫で育ち、その地でレストランを開業したのです。

 

さらには、こういった知識だけではなく、三国氏の元で修行していた際のオーナーシェフとしての立ち振る舞い、経営ノウハウ等も習得しているという事で、集客に難しい沖縄の地でも、十分に成り立っているレストランなんです。

 

本当の一流の味を楽しめる、沖縄では貴重なレストランですね。


スポンサーリンク



島袋司が提供する琉球フレンチの価格とクオリティのギャップが凄い!

島袋司が提供するフレンチは、沖縄の食材をこれでもかと使用する為、「琉球フレンチ」という新しいジャンルにもなっています。

 

それは沖縄の地の利を活かした店舗戦略。沖縄にくる人はどんな人なのか?どんな層なのか?何を求めてわざわざ沖縄でフレンチを食べるのか?

 

それがうまくマッチしている戦略だと思います。

 

写真から見ても分かる通り、料理のクオリティは申し分ないようです。

スポンサーリンク

 

で、気になるのは価格の方。

 

料理の事は詳しくなくても、楽しめそうなお店ですよね。そういったコセプトだと思います。

 

その島袋さんの思いが、価格にも現れています。

 

フルコースディナーの「ラトリエコース」というものがあるんですが、それはフルコースでありながらも、価格が3800円で食すことができるのです。

 

島袋司さんは、

安全で美味しい食事をお客様に提供したい、地元の新鮮な食材をお客様に食べてもらいたい

とおっしゃっているぐらい、沖縄の食材、沖縄の料理を一人でも多くの人に堪能してもらいたいのだと思います。

 

この価格であれば学生旅行でもちょっとした贅沢レベルで楽しめる価格ですね!

 

このコース以外にも季節、その他お酒にある料理を提供してくれます。

 

そういったコンセプトのお店が沖縄にある事を覚えておくと、旅行に行った時にお友達におすすめ出来ますね!

 

島袋司さんのプロフィールや、レストラン「ラトリエ」に関しての記事は以上になります。

島袋さんの記事に関しては、別の記事でも紹介させていただいております↓

 

NEW!!島袋さんについての他の記事はこちら↓


スポンサーリンク



スポンサーリンク
Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。