藤光謙司 イケメンなのは顔だけじゃない!コメント、姿勢全てが尊敬出来る理由を解明!

世界陸上で男子リレーで銅メダルを獲得した藤光謙司選手。ネット上ではイケメンのアンカーとして話題を集めましたが、イケメンなのは顔だけじゃありません!


スポンサーリンク



藤光謙司がイケメンなのは顔だけじゃない!

今年のロンドン世界陸上、男子4×100mリレーで見事銅メダルを獲得した男子リレーチームが帰国しましたね!

 

世界陸上での初の快挙!アンカーを務めた藤光謙司選手もすごく清々しい笑顔で、疲れを感じさせないですね!

 

全開のリオオリンピックに続いて、同じリレーでのメダル獲得。まだ見ていない方はぜひ見てみてください↓

 

東洋人が短距離でメダルを獲得するってすごい事なんですよ。

 

これまでも中国がメダルを獲るという事があったんですが、圧倒的に北米、南米、アフリカ系の国のメダル獲得が多いんです。でも最近は日本の調子が良い!

 

今回メダルを獲得したチームメンバーは、

 

第一走者 多田修平(21)
第二走者 飯塚翔太(26)
第三走者 桐生祥秀(21)
第四走者 藤光謙司(31)

 

この中に、日本チームとして注目すべきはアンカーの藤光謙司選手です!日本陸上界短距離の分野では、もはやベテランの域に達しています。

 

今回の日本リレーチームには他にもサニブラウン・ハキーム(18)、ケンブリッジ飛鳥(24)の二人を加えて6人で挑みましたが、藤光謙司は一人30代。

 

チームの大黒柱的な存在ですね。

 

メダルを獲得してから、「藤光謙司がイケメン過ぎる!」ということですごく人気を集めているんですね!確かにイケメンすぎますが、イケメンなのは顔だけじゃないのです!

 

例えば、決勝終了後にメダル獲得の喜びを語ったコメント↓

「最高です!予選を通過してくれたケンブリッジの分、
サポートしてくれたハキームの分、走りたいと思っていたので、
こういう結果になってよかった。
去年走ることができなかったが、こういう機会与えてもらい、感謝している。
昨年で終わることも一瞬考えたが、周囲に支えてもらった方のおかげで、ここにいる」

 

そう。藤光選手は当初は控えの選手でした。

 

しかしながら、サニブラウン、ケンブリッジは体調不良と判断し、もう一人の控え選手であったベテランの藤光謙司がアンカーを務めたわけです!

 

特にケンブリッジ飛鳥は予選を走った選手だけに悔しかったことでしょう。違う選手が出場してメダルを獲得したわけですから。

 

そんなケンブリッジを気遣ったコメント。素敵です!

 


スポンサーリンク



藤光謙司のTwitterからみるイケメン度!

藤光謙司選手はツイッターでの情報発信もマメに行っていて、それが年齢を感じさせません!

 

 

 

 

 

それにしてもマジでイケメンだなー!!

 

普段私はあまり陸上競技は見ないんです。

 

やっぱり日本人って「陸上はメダルは厳しい!」というイメージがあるんですね。

 

だから、あまり期待がないんですよ。

 

でも今回の世界陸上をみて、「やっぱり日本人やるなー!!」となりました。感動しました。

 

普段から健康に気をつかったり、仲間を気遣ったり、日本陸上の発展の為にアピールしている彼の姿をみていると、素敵だなと思うし、ベテランとしての意識もすごく高いなーと思えるので尊敬します。

 

今後の活躍にも期待したいですね!

NEW!!藤光謙司選手の他の関連記事も書いています↓

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

1 個のコメント

  • まさに同館です。藤光選手は、人柄もイケメン。どんな生育歴であのような人格が形成されたのでしょう。あっぱれです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。