サニブラウン 母は創価学会?母親もハーフである事が関係している!?

世界陸上で早速好タイムを出したサニブラウン・ハキームですが、その母が実は創価学会であるとの噂がありますね。これが事実かどうか、ハーフである事が関係しているのか?母親はどんな人物なのかを調べてみました。

 


スポンサーリンク



サニブラウン・ハキームの母は創価学会?

 

サニブラウンを語る上で欠かせないのがサニブラウンの母の存在です。しかし、まずはこのサニブラウン・ハキームが陸上選手になるまでの過程を追ってみましょう。

 

名前:サニブラウン・アブデル・ハキーム
生年月日:1999年3月6日
出身地:福岡県
出身中学・高校:城西大学附属城西中学校・高等学校
出身大学:フロリダ大学(在学中)
身長:188cm
体重:79kg
陸上種目:短距離走
陸上コーチ:山村貴彦
100mベストタイム:10秒05
200mベストタイム:20秒32

 

 

 

父親はガーナ人、母親は日本人というハーフです。小さい頃はサッカーをやっていたようです。ですが、母親からの勧めで小学校3年生の時にサッカーはやめて、陸上競技に転身したようですね。

 

サニブラウンの母も元アスリートだったようで、こうこう時代にインターハイにハードル種目でインターハイに出場した経験を持っているのです。この母は「この子はチームスポーツには向いていない。。。」と思って、息子に陸上競技を勧めたそうなんですね。

 

その時は息子は小学校3年生ですよ。その時点で、この助言が出来るってやはりただものではないですね。

 

 

 

高校時代は100mと100mハードルでインターハイに出場するほどの選手だったので、かなりの実力者であり、親という側面では「指導者」としてのポジションもあったのかもしれませんね。また、陸上であれば自分も教えられるからという理由でのこのアドバイスだったかもしれませんね。

 

この母親なんですが、名前は『サニブラウン明子』さんで、ネット上では創価学会の会員ではないかという噂が流れています。

 

ですが、正直なところ、これに関しての信憑性のある情報がまったくなかったので、今後新しい情報が出てくればまたこちらの記事を更新していきたいと思います。

 

 


スポンサーリンク



サニブラウン・ハキームの母のその他の情報

 

先ほども挙げた通り、サニブラウン・ハキームの母・明子さんは高校時代に陸上選手をしていて、インターハイの出場経験ももっています。

 

そんな経験から、走り幅跳びの日本記録保持者である森長正樹選手とも知り合いだそうで、その縁でサニブラウン・ハキームも森長さんから走り幅跳びの指導を受けていた事があるという事でした。

 

彼女は福岡県出身で、福岡県立宗像高校という所を卒業しています。高校卒業後は、専門学校を経てスポーツメーカーに勤務して、現在に至るようですね。

 

 

サニブラウン・ハキームの世界陸上挑戦!

 

現在、サニブラウン・ハキームはフロリダ大学に進学し、国内の強化指定選手にもなっているので、世界陸上から東京オリンピックまで、そしてその後も圧倒的な結果で魅了してもらいたいですね!

 

NEW!!サニブラウン・ハキーム選手の父親に関しての情報はこちら↓

 

 


スポンサーリンク



Twitterでは記事の更新情報をお知らせしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。